冬場に起こる部屋の乾燥対策で喉の痛みや肌のかさつき予防

喉の痛みや肌のかさつき! 冬場に起こる部屋の乾燥対策とは?

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

寒くなってくると、喉がイガイガ痛み、肌がかさつきますよね。実は、乾燥が原因です。冬場は、空気が乾燥した状態が続きます。加えて、室内でエアコンをつけることで、さらに乾燥した状態に拍車をかけてしまうものです。乾燥は、風邪の症状を引き起こしやすく、インフルエンザウィルスの活動が活発化してしまう恐れもあるので、きちんとした対策を施すようにしましょう。ウィルス性胃腸炎による下痢や嘔吐(おうと)などの辛(つら)い症状を伴う病気の発生が気になるのも、乾燥している冬場です。適切な湿度を保つことで、さまざまな不快な症状を緩和してくれます。

では、どのように部屋の乾燥を防げばいいのでしょうか? 冬場の乾燥対策についてご紹介します。

乾燥が原因で起こる症状

乾燥した状態は、体にさまざまな不快症状を起こしてしまいます。冬場は、ウィルスの活動も気になることでしょう。美容意識が高い方は、特別なケアを始めることが多いようです。体調管理の1つとして乾燥には注意するようにしましょう。乾燥が原因で起こる症状についてご紹介します。

1-1.喉の痛み

朝目覚めると、喉がイガイガする経験をされた方も多くいるのではないでしょうか? 酷(ひど)い場合だと、咽頭炎やへん桃腺炎に発展してしまうこともあります。喉の痛みや腫れがあることによって、唾を飲み込むのが辛(つら)い、食事を満足にすることができないなど、生活に支障をきたすこともあるはずです。

乾燥した室内にいると、ウィルスや細菌の活動が活発化し、喉に付着して炎症を引き起こしてしまい、喉の痛みのほかに発熱・悪寒・だるさなどの症状も。寒さが厳しい季節は、インフルエンザウィルスが繁殖しやすくなります。風邪による体調不良は、こうしたウィルスを引き寄せてしまい、こじらせてしまう原因です。エアコンを使っていると、さらに乾燥した状態になります。加湿器を使うなど保湿を意識するように心がけましょう。

1-2.肌の乾燥

乾燥による症状は、肌にも現れます。いつもと同じスキンケアをしていても、肌に潤いが感じられなくなる、化粧ノリが悪くなることがあるでしょう。乾燥による肌質の変化は、シワやたるみの原因。酷(ひど)い症状になると、表皮が薄く剥(む)けてしまうこともあるようです。痒(かゆ)みを感じて、掻(か)きむしってしまう方もいます。フェイシャルケアでは、保湿成分を多く含んだものを使って、肌への負担を軽減するようにしましょう。体には、入浴後にしっかり保湿クリームを塗って、乾燥を防ぐことが大切です。

1-3.脱水症状

乾燥している室内では、気づかないうちに脱水症状を起こしてしまう恐れがあります。夏は、汗をかくので水分を積極的に取るようにする方が多いはずです。しかし、冬は乾燥した環境にいることで、自然と皮膚の表面から水分が失われていってしまいます。また、冬に流行(りゅうこう)するウィルス性胃腸炎による下痢や嘔吐(おうと)が原因で、水分が放出されてしまうこともあり、軽視してしまうと大変危険です。冬場でも、積極的に水分補給するようにしましょう。

快適湿度の目安値

乾燥状態を解消するために、加湿器を使うようにしましょう。加湿器がない場合には、大きめのバスタオルを濡(ぬ)らして、室内に干しておく方法もあります。空きスプレーボトルに水を入れて、室内に数回吹きかける方法も効果的です。加湿器の使用と同時に意識したいのは、湿度。

喉の痛み、肌のかさつきの原因となる乾燥を防ぐためには、どのくらいの湿度を目安にすればいいのでしょうか? 湿度計が販売されているので、活用してみてください。

2-1.快適湿度

一般的に、快適湿度は40〜60%が目安値だとされています。目安値を下回ると、喉の痛みや肌の乾燥が起こり、体調不良の原因にも。また、60%を上回ってしまうと、ダニやカビの発生にもつながります。目安値の範囲ないで、快適な室内空間を維持するようにしてみてください。特にエアコンを使用するときは、湿度計を利用しながら調整してみるようにしましょう。

2-2.湿度を上げると暖かく感じる

湿度を快適な目安値で維持することは、体調管理以外にも効果があります。エアコンの設定温度が同じでも、湿度を上げるだけで暖かさを感じられるようになり、省エネ効果も得られるでしょう。エアコンの設定温度を高めにしても、寒さが解消できないと感じていた方は、室内を加湿して調整してみてください。

冬場の室内の乾燥対策

加湿することは、体調管理の1つ。風邪予防やインフルエンザ対策にも効果的です。室内でウィルスを繁殖を防ぐためにも、しっかり快適湿度を意識してみてください。加湿器で乾燥した湿度を補うこと以外で、室内での乾燥対策を考えていきましょう。

3-1.濡(ぬ)れたバスタオル

前述でも紹介した、濡(ぬ)れバスタオルを使う加湿方法です。加湿器よりも効果は低めですが、大きめのバスタオルを濡(ぬ)らし、室内に2枚ほど干してみましょう。就寝前に干しておくと、睡眠中に水分を室内に放出し、乾燥を緩和してくれます。朝目覚めたときに乾いていることで、室内の乾燥状態がわかるでしょう。

3-2.部屋干し

冬場は気温が低く、日中でも洗濯物が乾きにくいことがあります。乾燥状態の室内に潤いを与えるために、洗濯物を部屋干しをしてみましょう。部屋干しは臭いが気になるという場合には、部屋干し専用洗剤や衣類用芳香剤を活用すると緩和されます。

3-3.霧吹き

手早く加湿したいという方には、霧吹きを使った加湿方法がいいでしょう。100円ショップなどで購入できる空きスプレーボトルに、水を入れて室内に数回吹き付けるだけです。とても簡単で、すぐに湿度を上げることができます。乾燥が気になるときは、この方法を行うだけで簡単に乾燥を緩和してくれるでしょう。

まとめ

冬場に気になる部屋の乾燥対策についてご紹介しました。いかがでしたか?

  • 乾燥が原因で起こる症状
  • 快適湿度の目安値
  • 冬場の室内の乾燥対策

室内の乾燥は、喉の痛みや肌のかさつきの原因です。インフルエンザやウィルス性胃腸炎などの発生を防ぐためにも、40〜60%の快適湿度を維持していくようにしましょう。 加湿器がない場合には、濡(ぬ)れバスタオルや洗濯物の部屋干しによる加湿効果を利用してみてください。