目元のたるみが起こる原因

まぶたや目元のたるみが起こる原因は? 対処法と共に紹介します。

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

年を取るにつれてまぶたや目元のたるみが気になってきた。まぶたがたるんで目が以前よりも開かなくなった気がする、と悩んでいる方はいませんか? まぶたの皮膚や筋肉は薄いので、年を取るにつれてどうしてもたるみやすくなります。しかし、生活習慣によっては若い年代の方でもたるみが出ることもあるのです。また、目元やまぶたのたるみがひどくなるほど見る人に老けた印象を与えます。

そこで今回は、まぶたや目元にたるみが出る原因や対処法・予防方法をご紹介しましょう。

加齢以外でまぶたや目元をたるませる原因が分かれば、今日から予防ができます。また、たるみを取る対策方法が分かれば、ケアもできるでしょう。まぶたや目元のたるみが気になるという方やたるみを予防したいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. まぶたや目元のたるみが起きる理由

はじめに、まぶたや目元がたるむ理由をご紹介します。なぜ、他の場所に比べてまぶたや目元はたるみやすいのでしょうか?

1-1.まぶたや目元がたるむ理由

まぶたから目元にかけて、眼輪筋(がんりんきん)という筋肉があります。この眼輪筋や目の周りの皮膚が衰えることでまぶたや目元のたるみが起こるのです。筋肉や皮膚の衰えで起こるたるみは、まぶたや目元以外でも起こります。しかし、まぶたや目元の皮膚や筋肉は人体で最も薄い場所のひとつであり、常に外気にさらされているのです。そのため、他の部分よりもたるみが起こりやすく、目立ちやすくもあります。

1-2.乾燥や目のこすりすぎでまぶたがたるむ

筋肉や皮膚の衰える最大の原因は、加齢です。丁寧に肌ケアをしていても、加齢による衰えを完全に防ぐことはできません。また、加齢以外に乾燥や目のこすりすぎもたるみの原因となります。

皮膚が乾燥すると保水力が落ち、皮膚の一番外側にある角質がはがれやすくなるのです。角質は肌を外界の刺激から守るバリアの役割を担っており、これが傷つくと肌が衰えやすくなります。

また、目の周りの皮膚は薄いので、ごしごしとこすっても傷むのです。花粉症に代表されるアレルギーの方は、かゆみから目をこすりやすいので要注意。さらに、普段から目の周りにしっかりとお化粧をしている方も、気をつけましょう。化粧を落とすときに力を入れて皮膚をこすり続けていれば、若いうちから皮膚が傷つきよりたるみやすくなります。

1-3.スマホの見過ぎはまぶたがたるみやすくなる?

私たちは、集中してものを見るほどまばたきが少なくなります。ですから、スマートフォンやテレビ画面などを長時間集中して見続けている方も、まばたきが少なくなっているのです。目の周囲にある筋肉は使わなければ衰えも早くなります。そのため、まばたきが少ない方は、目元やまぶたがたるみやすくなる可能性があるのです。

1-4.まぶたや目元がたるみやすい人の特徴は?

  • 目をこする癖がある
  • マスカラやアイシャドウなどを使って目の周囲を毎日しっかりお化粧している
  • 目が乾きやすい
  • スマートフォンやパソコンの画面・テレビなどを長時間見続けている

このような方は、より入念に目の周りをケアした方がよいでしょう。

1-5.まぶたのたるみを放置する危険性

年を取れば、まぶたや目元がどうしてもたるんでしまいます。しかし、あまりたるみ方がひどいと眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)という病気と診断されるのです。

まぶたがたるみ過ぎると目を開けるのに余計な力がかかります。すると、目の周りの筋肉だけでなくこめかみから首筋にかけての筋肉まで余計な力がかかり、肩こりや頭痛・腰痛・目のひどい疲れなどの症状が出やすくなるのです。

眼瞼下垂症になるとまぶたの皮膚を切り取って持上げる手術をすすめられることもあります。たかがまぶたのたるみと考えず、目が開きにくくなったという自覚がある方は、できるだけ早く眼科を受診しましょう。