坐骨神経痛の原因は? 症状を引き起こす病気やセルフケアをご紹介

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

坐骨神経痛は、足や腰にジンジンした痺(しび)れるような痛みが特徴です。坐骨神経痛を引き起こす病気はいろいろあります。痛みは継続して起こるため、辛(つら)い症状に悩まされることが多いものです。症状を緩和するため、原因となる病気や予防法などを覚えておきましょう。また、受診すべき症状や、治療法なども併せてご紹介します。坐骨神経痛に悩んでいる方は必見です。

この記事を読むことで、坐骨神経痛についてよく分かるでしょう。原因となる病気によって、対処法やセルフケアの仕方も変わります。しびれるような痛みを感じる場合は、症状の改善に役立ててください。

01. 1. 坐骨神経痛の基礎知識

坐骨神経痛とはどのようなものか、注意点などを見ていきましょう。

1-1.坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛は腰痛症状の1つです。人体の腰から爪先には、坐骨神経という太く長い神経が伸びています。この坐骨神経が何らかの原因によって圧迫されたり、刺激を受けたりすることで、足や腰にジンジンした痛みを感じるのです。坐骨神経痛は、原因となる疾患が特定する場合は、症状の1つとして捉えます。ただし、原因が分からないときには、坐骨神経痛が病名になるのです。また、神経痛と呼ばれるものの中でも坐骨神経痛を訴える人は多くなっています。

1-2.どんな症状?

ビリビリ・ジンジンした痺(しび)れるような痛みが、坐骨神経痛の特徴です。坐骨神経痛は腰痛の1つですが、腰痛だけに留(とど)まらず、下半身全体に痛みやしびれが広がります。横になっても、座っていても痛いという症状が続くものです。

1-3.坐骨神経痛の怖い点・注意点

坐骨神経痛は、痛いと訴える人の8割ほどが、原因となる疾患の特定に至らないのが怖い点です。疾患名がはっきりすれば、病気の治療をして回復することが見込めます。しかし、原因が分からない場合は、痛みへの対症療法を行うことになるのです。また、坐骨神経痛が長引くときは、整形外科などを受診し、診断してもらうようにしてください。