膝の痛みで正座ができない! 変形性膝関節症や関節炎など病気も原因

膝の痛みで正座ができない! 変形性膝関節症や関節炎など病気も原因

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

膝に痛みがある方は、正座ができなくなります。膝の痛みにはいろいろな原因があり、変形を伴うものやリウマチといった病気が隠れているものもあるのです。正座ができないと、生活にも影響が出てきます。膝が痛い原因を探り、自分なりの対処法を知っておくと安心です。

「膝の痛みを緩和するケアが知りたい」「膝の痛みにはどんな病気が関連している?」など、膝が痛いと気になることも多いことでしょう。運動や食生活の改善などでも、膝の痛みを抑えることができます。ポイントを覚えておき、正座ができない悩みを解消してみてください。

膝を曲げると痛いという方も、この記事を参考にし、治療法や予防について覚えておきましょう。膝の痛みは改善できます。まずは、どのような原因があるのかを知り、痛みを和らげるセルフケアについても理解してください。

01. 正座ができない原因について

なぜ膝が痛むのか、正座ができなくなった理由などを考えたことはありますか? 筋肉や関節など、問題を抱えている部位は異なるものです。病気が関連している場合は、適切な治療が必要となります。

1-1.なぜ正座ができないのか? 

関節の痛みで曲げると痛いという方もいます。筋肉が硬直し、曲げにくくなっている場合もあるでしょう。膝が腫れているようであれば、腫瘍などを疑う必要があります。変形しているかどうかもポイントです。変形性関節症は加齢によっても起こりやすく、治療やリハビリで改善していくことが求められます。

1-2.関節が痛くて正座ができない

関節の痛みは、普段の姿勢や座り方に問題がある場合がほとんどです。足組みをすることが多いと、足の湾曲が起こります。そのため、膝の裏や内側に痛みを感じやすくなるでしょう。

1-3.筋肉のこりで正座ができない

運動不足の方や同じ姿勢を繰り返す方は、リンパ節に老廃物が停滞しやすくなります。流れが滞(とどこお)り、正座をしたときに圧迫されて痛みとなって現れるのです。長時間同じ姿勢は続けず、時々体を動かすだけでも、筋肉のこりは和らげることができます。

1-4.膝が痛くて正座ができない

関節や筋肉に問題がなく、膝がだけが痛む場合、膝の変形が考えられます。検査をしても異常がないにもかかわらず、こすれ合う骨が徐々にえぐられてしまう可能性もあるでしょう。加齢が原因となって起こり、閉経後は特に骨粗しょう症なども発症しやすいため、膝に痛みを感じる方が多いものです。

1-5.病気が関連して正座ができなくなる

関節リウマチは、膝の変形を伴い、全身の関節に変形を示す病気です。早期治療が望ましく、リハビリなども行います。また、良性の腫瘍ができている場合もあり、神経圧迫による痛みが起こることもあるでしょう。

1-6.正座ができないという症状が出やすい人

閉経した女性や高齢者は骨密度が低下する傾向にあるため、膝の痛みを感じやすいでしょう。デスクワーク中心で、体を動かす機会が少ない方も、関節や筋肉が硬直しやすいため、症状が出るリスクが高まります。