歯がしみる原因と最新の治療法まで詳しく解説!

【お悩み解決】歯がしみる原因は何?最新の治療法まで詳しく解説!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「水を飲むと歯がしみる」「特定の歯がしみる気がする」など、歯がしみるととても不快ですよね。せっかくのおいしい食事も楽しむことができなくなります。歯がしみると感じたときは、できるだけ早く適切な対策や治療をしましょう。今回は、歯がしみる主な原因を取り上げ、適切な対策・治療法を詳しく解説します。記事を参考に、一刻も早くつらい症状を改善してください。

この記事を読むことで、歯がしみる原因を知り、適切な対策や治療を受けることが可能になります。今後再発しないために必要なことも理解できるでしょう。歯がしみることで悩んでいる人は、じっくり読んでみてください。

01. どんなときに歯がしみる?

最初に、どんなときに歯がしみるのか、具体的な症状を見ていきましょう。原因を考えるとともに、放置するとどうなるのかも解説します。

1-1.歯がしみるときの症状について

歯がしみるのはどんなときか、どこの歯がしみるのか解説します。

1-1-1.歯がしみるときはどんなとき?

歯がしみるのは、主に以下のようなときに起こります。

  • 熱いものや冷たいものを食べたとき
  • 甘いものを食べたとき
  • 酸っぱいものを食べたとき
  • 舌が当たったとき
  • 歯みがきをしているとき
  • 疲れているとき

1-1-2.歯がしみる部位は?

また、歯がしみる部位もさまざまです。前歯・奥歯・親しらずなど、どの部位の歯でもしみる可能性があります。ただし、最も症状に気付きやすいのは前歯でしょう。前歯は、食べものをかじったり引きちぎったりすることが多く、また、奥歯よりも厚みが無いからです。その次に、奥歯・親しらずとなるでしょう。親しらずの場合は、本人も知らないうちにむし歯が進行してしまっていることもあります。

1-2.考えられる原因は?

歯がしみるのは、歯の神経に刺激が伝わっているからです。原因としては、主に以下のようなものを考えることができます。

  • 知覚過敏
  • むし歯
  • 進行した歯周病
  • 歯の治療後
  • そのほかの原因(歯ぎしりや歯の断裂などによるもの)

1-3.歯がしみるのを放置するとどうなる?

歯がしみる状態を放置すると、原因によっては症状が悪化します。特定の刺激を受けたときだけでなく、常にしみる気がするなど日常生活にも支障が出る可能性があるので気を付けましょう。ごく軽いものなら自然治癒してしまうこともあります。しかし、再発する可能性も高いでしょう。