妊娠中のつらい肩こり

妊娠中のつらい肩こりの対処法とは?

妊娠中には様々な体調変化が起こります。その中でも多いのが“肩こり”や“首こり”などの症状です。今回は、妊娠中の辛い肩こりの原因と対処法と注意点について紹介します。

なぜ妊娠中に肩こりが起きる?

妊娠中の肩こりの原因は“妊娠による血行不良”や“ホルモンバランスの変化”、“妊娠のストレス”、“骨盤や背骨の歪み”など様々な原因があります。妊娠中の肩こりは一般的に様々な原因が複合的に重なり引き起こされると考えられています。複合的な要因で起こる妊娠中の肩こりは、総合的な対処を行なうということが大切です。

血行不良の改善

妊娠中の血行不良は肩こりや冷え性など様々な体調不良に影響を及ぼします。妊娠中の血行不要の改善方法には以下のような対処法があります。

適度な運動

ヨガやストレッチなど体に負担を与えない運動は妊娠中の血行不良に効果があります。妊娠中というのは体調も優れず運動不足になってしまいがちですが、可能な範囲のなかで運動を行なうことは血行の促進や代謝の向上に繋がり体に良い影響を与えます。妊娠中に運動する注意点は、必ず医師の指導を受けて適切な運動を行なうということです。

マタニティマッサージを利用する

適度な運動が難しいという場合にはマッサージを行なうというのも血行不良の良い対策法です。妊娠中のマッサージは手や足を中心に行なうだけでも血流が改善されます。妊娠中のマッサージを行うことのできる指圧院や整体院では“妊婦マッサージ”や“マタニティマッサージ”というようなサービスを行なっているので問い合わせてみるのも良いでしょう。

ホルモンバランスの改善

妊娠中のホルモンバランスの乱れの対処法は規則正しい生活を行い、バランスよく食事を行なうということが大切です。ホルモンバランスを整えるために有効な食べ物の代表は“大豆”です。大豆には“大豆イソフラボン”や“ビタミンB6”など有効な成分が多く含まれておりホルモンバランスを整える効果を持っています。

ホルモンバランスの乱れはストレスも大きな原因となるので、ストレスを溜めずに生活するということが大切です。

骨盤や背骨の歪みを改善する

妊娠中は体への負担が非常に大きくなります。妊娠中の肩こりの原因は骨盤や背骨の歪みが原因となるケースがあります。妊娠によって体から分泌される“リラキシン”というホルモンは恥骨結合を弛緩する作用を持っています。

リラキシンは分娩を補助する効果を持っているのですが、恥骨や骨盤が弛緩することで骨盤や背骨が歪み肩こりの原因となってしまいます。妊娠中は骨盤が歪みやすいというのは事実なのですが、妊娠中の骨盤の歪みは“ストレッチ”や“整体”などで改善することができます。

妊娠中のストレッチ

妊娠中のストレッチは股関節を中心に行なうことで骨盤の歪みを矯正できます。妊娠中のストレッチは軽い運動効果もあるので運動不足の改善にも効果があります。妊娠中のストレッチなどのマタニティエクササイズは病院の婦人科などで実施されています。妊娠中の肩こりに悩んでいるという場合には是非参加してみましょう。

妊娠中の骨盤矯正

妊娠中に整体を利用して骨盤矯正を行なうことができます。骨盤矯正を行なうことで骨盤適切な形状に矯正され妊娠中の体の変化による肩こりや腰痛などを緩和することができます。妊娠中の骨盤矯正は整体院によって行なわれていない場合もあるので、妊娠中に骨盤矯正を受けたい場合には近隣の整体院に問い合わせてみましょう。

まとめ

妊娠中にはストレスを溜めないということが大切になります。肩こり解消のための対処法が心理的な負担になってしまわないように“自分のできる範囲で気軽に行なう”という心構えが大切です。話すことで楽になることも多いので肩こりが気になる場合には医師や整体師に相談してみるというのも一つの対処法です。