血行が悪い原因と肩こり改善のためにやるべき3項目

血行が悪い原因はそこにあった!?肩こり改善のためにやるべき3項目

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

肩こりの原因は人それぞれです。しかし、結局は血行不良が原因で肩こりが起こっているということをご存じでしたか? 血行の悪さは肩こりの大敵。しつこい肩こりを解消するためには、血行をよくするしかないのです。

  • 慢性的な肩こりに悩んでいる
  • 血行が悪くなる原因を知りたい
  • 血行を改善する方法とは?

そんな人たちのために、血行が悪くなる原因や血行が悪いことで起こる症状、血行を改善する方法についてご紹介したいと思います。

血行が悪くなる原因

肩こりの原因は血行不良です。では、血行が悪くなる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。原因が分かれば、しつこい肩こりを改善することも可能ですよ。

1-1.冷え

冷えと血行不良は密接な関係にあります。よく「血液がドロドロ」という言葉を耳にしますが、血行不良とはまさにこの状態です。血行が良いと、手足や頭の先まで酸素や栄養が行き渡り、体は温まっています。しかし、血液がドロドロになり血行が悪くなると、体が冷えやすくなるのです。体が冷えると、当然血管も冷えます。血管が冷えると血液の流れは悪くなり、体に必要なものを運ぶことができなくなるのです。

そして、体にとって不要なものを体外に排出することもできなくなるでしょう。現代人の体温は低下しています。その原因は、ライフスタイルの変化によるものでしょう。エアコンが生活必需品になった今、体の中にある「体温調節機能」が衰えてしまっているのです。

1-2.運動不足

よく「健康のためには運動が大切」と言われています。その理由は、血行にもあるのです。
体を動かさない生活をしていると、血行はどんどん悪くなっていきます。私たちは、筋肉を使うことで体を動かしているのです。つまり、筋肉が動くことによって血管を刺激し、血行を促進することになります。使う筋肉量が多いほど、血行の促進度も高まるのです。血管を強くし、血行をよくするためには、適度な運動が必要ということになるでしょう。

1-3.ストレス

ストレスも血行が悪くなる原因の1つです。「ストレス社会」と呼ばれている今の時代、ストレスによる血行不良を抱えている人は多いでしょう。ストレスは自律神経のバランスを崩し、交感神経を優位な状態にしてしまいがちです。このような状態になると、血管は収縮します。
そして、体はどんどん冷えていってしまうのです。体が冷えると血行は悪くなり、肩こりなどの症状が悪化することにつながります。

血行が悪いことで起こる症状

血行が悪いことで起こる症状の1つが、肩こりです。しかし、そのほかにもさまざまな症状を引き起こす可能性も。血行が悪いことで、どのような症状が起こるのでしょうか。

2-1.関節や腰の痛み

血液の主な役割は、栄養分や酸素を体内の細胞に届けることです。同時に、体内で発生した老廃物や二酸化炭素を回収し、腎臓や肝臓に運ぶ役割も担っています。血行が悪くなるということは、この循環が滞るということです。そのため、さまざま症状を引き起こしてしまうでしょう。

その1つが、肩こりをはじめ、関節や腰の痛みです。血行不良によって疲労物質の代謝が滞ってしまうと、筋肉が緊張して硬くなります。その結果、周囲の血管も圧迫することになり、ますます血行を悪くしてしまうのです。そして、「体重の負荷がかかりやすい」と言われている関節や腰の痛みにつながります。

2-2.肌荒れ

血行不良は肌荒れとも関係しています。血行が悪くなると、お肌の新陳代謝もうまくいかなくなってしまうのです。肌細胞に栄養が行き届かなくなるため、血色が悪くなり、くすみやかさつき、シミといったお肌のトラブルが発生しやすくなるでしょう。

2-3.むくみ

血行不良の症状として見逃すことができないのが「むくみ」です。むくみは、体内の血管や細胞内、細胞間にある水分バランスが崩れてしまった状態を言います。1日中歩いた後や長時間立ちっぱなしでいたとき、足がむくんだ経験があるでしょう。下半身は重力の影響を受けるため、水分がたまってむくみやすいのです。

2-4.生活習慣病を引き起こす可能性も

血行が悪い状態が慢性的に続くと、肩こりやむくみなどの軽い症状では終わらなくなります。
血管の状態も徐々に悪くなり、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病を引き起こす可能性もあるでしょう。取り返しのつかない病気を発症してしまうこともあるのです。血行不良は病気の一歩手前である「未病」の状態に分類されます。この段階で改善しておけば、大きな病気を防ぐこともできるでしょう。

血行を改善する方法

最後に、血行を改善するための方法をいくつかご紹介します。慢性的な肩こりをはじめ、さまざまな症状に悩んでいる人は、ぜひ試してみてください。

3-1.適度な運動と食生活の見直し

血行不良で起こる肩こりの原因は、長時間の同じ姿勢による肩や首への負担が主なものです。
デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいることが多い人は、10~15分に1回は姿勢を正すようにしましょう。

そして、休憩時間には簡単なストレッチをするなど、適度に体を動かしてください。少しの運動でも、基礎代謝を上げて血行をよくすることにつながります。

また、食事によって血行をよくすることも効果的です。毛細血管の機能を保つビタミンCや血行を促進するビタミンEを積極的にとるように心がけてください。塩分や油分をとりすぎる偏った食生活は、血行を悪くすることにつながります。

3-2.ストレスの解消

ストレスは血液をドロドロにし、血行を悪くします。「ストレスがたまっている」と感じる人は、自分なりのストレス解消法を見つけましょう。就寝前に静かな音楽を聴く、アロマを炊く、散歩をするなど、ストレスの解消につながるものはたくさんあります。

3-3.入浴

体を外側から温めるだけでも、血管が拡張して血液がスムーズに流れるようになります。普段シャワーで済ませている人は、できるだけ湯船にゆっくりつかるようにしましょう。特に、下半身の血行不良には半身浴が効果的です。冬の冷え性対策のためにも、湯船につかる習慣をつけるようにしましょう。

まとめ

血行が悪い原因についてご紹介しました。

  • 血行が悪くなる原因
  • 血行が悪いことで起こる症状
  • 血行を改善する方法

「慢性的な肩こりに悩んでいる」「血行を改善して肩こりを治したい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

血行不良による肩こりでお悩みの方必見!

健康の為に食生活を変えたい!! でも変えられない……そんなあなたに世界で唯一認められた田七人参「白井田七」を! (白井田七は国際有機認証団体より有機認証を唯一取得した田七人参です)

めぐり成分のサポニン配合で、あなたのサラサラ健康生活を強力にサポートします。
満足度94%15日の返金保証付きです。