血行が悪い原因と肩こり改善のためにやるべき3項目

血行が悪い原因はそこにあった!?肩こり改善のためにやるべき3項目

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

肩こりの原因は人それぞれです。しかし、結局は血行不良が原因で肩こりが起こっているということをご存じでしたか? 血行の悪さは肩こりの大敵。しつこい肩こりを解消するためには、血行をよくするしかないのです。

  • 慢性的な肩こりに悩んでいる
  • 血行が悪くなる原因を知りたい
  • 血行を改善する方法とは?

そんな人たちのために、血行が悪くなる原因や血行が悪いことで起こる症状、血行を改善する方法についてご紹介したいと思います。

01. 血行が悪くなる原因

肩こりの原因は血行不良です。では、血行が悪くなる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。原因が分かれば、しつこい肩こりを改善することも可能ですよ。

1-1.冷え

冷えと血行不良は密接な関係にあります。よく「血液がドロドロ」という言葉を耳にしますが、血行不良とはまさにこの状態です。血行が良いと、手足や頭の先まで酸素や栄養が行き渡り、体は温まっています。しかし、血液がドロドロになり血行が悪くなると、体が冷えやすくなるのです。体が冷えると、当然血管も冷えます。血管が冷えると血液の流れは悪くなり、体に必要なものを運ぶことができなくなるのです。

そして、体にとって不要なものを体外に排出することもできなくなるでしょう。現代人の体温は低下しています。その原因は、ライフスタイルの変化によるものでしょう。エアコンが生活必需品になった今、体の中にある「体温調節機能」が衰えてしまっているのです。

1-2.運動不足

よく「健康のためには運動が大切」と言われています。その理由は、血行にもあるのです。
体を動かさない生活をしていると、血行はどんどん悪くなっていきます。私たちは、筋肉を使うことで体を動かしているのです。つまり、筋肉が動くことによって血管を刺激し、血行を促進することになります。使う筋肉量が多いほど、血行の促進度も高まるのです。血管を強くし、血行をよくするためには、適度な運動が必要ということになるでしょう。

1-3.ストレス

ストレスも血行が悪くなる原因の1つです。「ストレス社会」と呼ばれている今の時代、ストレスによる血行不良を抱えている人は多いでしょう。ストレスは自律神経のバランスを崩し、交感神経を優位な状態にしてしまいがちです。このような状態になると、血管は収縮します。
そして、体はどんどん冷えていってしまうのです。体が冷えると血行は悪くなり、肩こりなどの症状が悪化することにつながります。