眠りが浅いのはなぜ?

【注目】眠りが浅いのはなぜ? よくある原因と治療法を詳しく解説!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

やっと眠ることができても、すぐに目が覚めてしまう人がいます。眠りが浅いと、まったく休んだ気がしないことでしょう。眠りが浅いことは、疲れが取れないだけでなく、さまざまな悪影響を及ぼします。中には、病気が隠れていることもあるのです。そこで、今回は、眠りが浅い原因と治療法を詳しく解説します。ぐっすり眠って快適な朝を迎えたい人は、必見ですよ。

この記事を読むことで、眠りが浅い原因がわかり、適切な対処や治療ができるようになります。今までぐっすり眠ることができなかった人も、悩みを解消するヒントをつかむことができるでしょう。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

01. 眠りが浅いことの悩みについて

最初に、眠りが浅いことの悩みについて掘り下げてみましょう。眠りが浅いとはどんな状態なのか、また、深い眠りとの違いや質が良い眠りについても学びます。

1-1.眠りが浅いとは

眠りが浅いとは、以下のような症状です。

  • すぐに起きてしまう
  • 熟睡できない
  • 十分に眠っても疲れが取れない

眠りは心身の疲れを取って、リフレッシュするために重要なことです。しかし、眠りが浅い状態では、疲労やストレスが溜(た)まる一方となるので改善する必要があります。

1-2.浅い眠いと深い眠りの違いについて

眠りには、浅い眠りと深い眠りの2種類があります。

1-2-1.眠りの種類の違い

眠りの種類の違いは、下記を参考にしてください。

  • レム睡眠:浅い眠り・主に体が休息する
  • ノンレム睡眠:深い眠り・主に脳が休息する

眠りが浅い人は、ノンレム睡眠の時間が不足している状態です。

1-2-2.眠りの周期や時間について

眠りは、浅い眠りと深い眠りが交互にやってきます。この周期は約90分ごとに繰り返すものです。入眠直後に深い眠りに落ち、浅い眠りと深い眠りを繰り返して目覚めることになります。さて、睡眠時間が何時間必要かについては人によって異なるものです。ある人は6時間で問題無くても、ほかの人は8時間必要になります。自分にとって最適な睡眠時間を見つけるためにも「睡眠日記」を付けて観察するといいでしょう。

1-2-3.質が良い眠りとは?

質が良い眠りとは、以下の条件を満たしているものです。

  • 寝付きが良い
  • 途中で目覚めない
  • 朝スッキリと起きることができる
  • 悪夢を見ない
  • 疲れが取れる