腰に負担をかけない寝方の方法をご紹介!

腰に負担をかけない寝方とは? ~3つの方法をご紹介!~

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

朝起きたとき、いつも腰が痛くなる…と悩んでいる人はいませんか?
また、腰の痛みを最近感じやすくなっている人はもしかしたら、“寝方”が原因になっているかもしれません。
1日のおよそ3分の1をベッド・布団のうえで過ごすことになる睡眠は横になっているだけですが、寝方によっては腰に大きな負担をかけていることもあるのです。
腰に負担をかけない寝方について紹介していきたいと思います。心当たりがある人は要チェックです。

01. 腰にタオルを巻いて負担を減らす方法

寝ている間は無意識に体が動いてしまうので勝手に腰に負担をかけてしまう寝方になってしまうケースがあります。
負担をかけないようにするためには、「タオル」を活用しましょう。
タオルは腰に負担をかけないための重要な役割を果たしてくれるのです。
方法はとても簡単。腰にタオルを巻くだけのやり方となっています。

  1. 腰をカバーする大きさのタオルを2つ折りにする。
  2. 腰からお尻をタオルで巻く。
  3. 寝ている間にずれないように、タオルの上部を外に折る。

やり方は以上のとおりです。
あまりキツくタオルを巻きすぎてしまうと血液の流れが止まってしまうのでほど良い程度に巻いてください。
巻いたタオルがコルセットのような働きをもち、余計な動きを抑えてくれる効果があります。
腰に負担をかけるような動きをしないようにしてくれるのです。
タオルコルセットが難しいのであれば、夜用につくられているコルセットを活用するのもひとつの手でしょう。
タオルはお金をかけずにすることができるのでオススメです。