腰痛に悩んでいる方

腰痛に悩んでいる方は必見! 腰に良い寝方で睡眠環境を改善しよう

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

腰の痛みで毎晩苦しんでいる人もいるでしょう。
体の疲れをとるために休んでいるのに、腰に痛みを感じていれば気持ち良く寝ることもできません。朝起きるのもつらくなるはずです。
どうすれば腰に負担のかからない寝方ができるのかみていきたいと思います。
腰に良い寝方、腰が痛い時・腰痛の時の寝方・腰が痛くならない寝方についてマスターしていきましょう。

01. 腰痛になってしまう原因とは?

なぜ腰痛になってしまったのか、原因について考えていきましょう。
中高年世代から本格的に痛みがやってくるかもしれませんが、若い世代でも腰痛になってしまう人はたくさんいます。
自分の腰痛は何が原因できているのか把握しておくと対策がたてやすくなるでしょう。

1-1 筋肉の使いすぎ・筋力の低下

腰痛の原因は主に3つ挙げられます。
そのひとつが、筋肉の使いすぎと筋力の低下です。
仕事柄、重たいものをたくさん持つという人もいるでしょう。重たいものを持つと腰に大きな負担がかかってしまい、筋肉疲労を引き起こします。
スポーツでの筋肉疲労、デスクワーク、ストレス、寝不足から筋肉が疲れてしまうこともあるので要注意。
また、足に合っていない靴を履き続けると筋力が疲れてしまいます。
筋肉疲労だけでなく、筋力の低下も原因のひとつ。
運動不足や体の硬さ、肥満により、筋力が徐々に低下すると腰を支えるための土台が失われてしまいます。よって、腰痛が引き起こされるのです。

1-2 骨盤のゆがみ

2番目に挙げられる腰痛の原因は、「骨盤のゆがみ」。
毎日の生活で少しずつ骨盤はゆがみ始めていると言われています。
骨盤がゆがんでしまうと腰にかかる負担が大きくなってしまい、ひどい場合、腰痛を引き起こすことになるのです。
猫背や前かがみになったりと悪い姿勢を長時間続けたり、重い荷物やハンドバッグを持つときはいつも同じ肩にかけたりしていると骨盤がゆがんでしまうので注意してください。
デスクワークをしている方は姿勢が悪くならないように気をつけておきましょう。
また、歯並びの悪さから骨盤がゆがんでしまうこともあるようです。

1-3 血流の悪さ

女性に多くみられる「冷え性」。
冷え性は血液の流れが悪く、足先・手先がとても冷たくなってしまいます。
実は、冷え性のような悪い血液の流れから腰痛が引き起こされていることもあるのです。
血流が悪くなってしまうと筋肉に疲労物質が溜まっていってしまい、どんどん血管を圧迫することになるでしょう。
疲労物質がスムーズに外に流れることができず、筋肉がどんどん硬直し、さらに血液の流れを悪くさせる悪循環に陥ってしまうことは間違いありません。
そうならないためにも、血液の流れを良くしていかなければならないのです。
腰痛の主な3つの原因についてみてきましたが、当てはまるものはあるでしょうか。
これが原因かも…と思う方は日ごろの生活を気をつけていくことが1番です。