寝違えた時にやってはいけない対処法

首が痛くて動かない! 寝違えた時にやってはいけない対処法とは?

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

朝、起きた時に首が痛くて動かせないという経験はありませんか? このような寝違えの症状は、時間が経つと落ち着くため、とくに対処せずそのままにしている方も多いと思います。しかし、原因がわからないまま放置していると、寝違えがクセになり、頻繁に繰り返すこともあるのです。そこで、この記事では、寝違えの原因や対処方法について紹介します。「寝違えて首が痛い」という方や「よく寝違える」という方は、この記事を読んで対策方法を身につけてください。

01. 寝違えとはどんな症状?

寝違えとは、なんらかの拍子で首に炎症が起こり、動かせないほどの痛みを伴う症状のことです。主に、寝ている間に首や背中などに不自然な力がかかることで起こると考えられています。具体的な症状は以下の通りです。

  • 首を動かそうとすると激痛が走る
  • 後ろを振り向くことができない
  • 一定の方向にしか首を動かすことができない