腰に負担をかけない寝方

腰痛持ちの方に知って欲しい腰に負担をかけない寝方 3つの方法

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「辛い腰痛があって夜もゆっくり眠れない」
これは非常に辛い状態ですよね。
あなたもこのような辛い腰痛にお悩みではありませんか?
夜もゆっくり眠れない程辛い腰痛。それを和らげる寝方があるんですよ。
あなたもその方法を知りたいと思っていませんか?
そこで本日は、腰に負担をかけない寝方を3つご紹介致します。辛い腰痛があってもぐっすり眠るために是非お役立てください。

その1:横向きになって身体をエビのように丸める

辛い腰痛があると身体を反らせることが難しくなりますよね。
そのため、腰痛があるときに仰向けやうつ伏せで寝るのはあまり良くないと言われていますよ。
そこで役立つ方法が「横向きになって身体を丸める」という方法なのです。
この姿勢で眠ると腰が反らされず無理な負担が腰にかかることがありません。辛い腰痛が合っても気持ちよく眠ることができるでしょう。
ひどい腰痛でゆっくり眠れないという人は是非試してみてくださいね。横向きで寝る場合は両膝の間に枕や座布団を挟むとバランスを取りやすくなりますよ。

その2:膝やお腹の下にクッションを入れる

「辛い腰痛を和らげたいけれど、どうしても横向きで寝るのが難しい」
こんな悩みをお持ちの方もいることでしょう。あなたはいかがですか?
「腰痛があるけれど仰向けやうつぶせの姿勢で眠りたい」と思うなら、膝の下やお腹の下にクッションをいれると腰に負担がかかりにくくなりますよ。横向きで眠ることができないという人は是非試してみてください。
しかしながら、この方法は「寝返りを打つ妨げになる」という指摘もあります。この寝方で腰痛がひどくなるようなら別の寝方を検討することが必要です。

その3:寝ている姿勢を自然に保つことができる寝具を使う

腰に負担をかけない寝方をするためには寝具にもこだわる必要があります。
使っている寝具に問題があると腰痛が悪化する原因になるんです。
体に合わないマットレスや枕は体の歪みが起きる原因になりますし、寝返りを自然に打つことができなくなるため腰周りに血行不良が起きることもあるでしょう。
これらは全て腰痛悪化に繋がります。
寝具は一日の3分の1を過ごす場所なので、自分の体に合った寝具を使うことはとても大切です。
寝ている姿勢を自然に保つことができる寝具を使うなら、腰に負担をかけない寝方をする助けになるでしょう。

いかがでしたか?

この記事では腰に負担をかけない寝方をする3つの方法をご紹介致しました。

  • その1:横向きになって身体をエビのように丸める
  • その2:膝やお腹の下にクッションを入れる
  • その3:寝ている姿勢を自然に保つことができる寝具を使う

腰痛がひどい場合はこれら3つの方法を試してみてくださいね。腰に負担をかけない寝方をする助けになることでしょう。