不眠の原因から対処方法

眠れない方必見!不眠の原因から対処方法までを解説します。

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

疲れているはずなのに眠れない、眠りが浅くすぐに目が覚めてしまう。こんな悩みを抱えている方はいませんか? 睡眠は体を休めて疲労を回復させる大切なものです。眠れない日々が続けば、日常生活にも深刻な影響が出てくるでしょう。厚生労働省の調査によれば、現在5人に1人が睡眠に関する悩みを抱えているという結果が出ています。

そこで、今回は眠れない原因や不眠を改善する方法をご紹介しましょう。

この記事を読めば、眠れない原因が分かり改善方法も見つかるかもしれません。眠れなくて悩んでいるという方や睡眠の質を改善したいと思っている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. 不眠に関する基礎知識

はじめに、眠れないとはどういうことかという定義や不眠の種類などをご紹介します。どのような状態が不眠なのでしょうか?

1-1.眠れないとはどういうこと?

眠れない、というと多くの方が寝つきが悪い状態を想像すると思います。眠りたいのに眠気がやってこないというのは、とてもつらいことです。長期間このような状態が続けば、日常生活にも悪影響が出るでしょう。しかし、眠れないという状態は「寝つきが悪い」だけではありません。眠りが浅かったり朝早く目が覚めてしまったりするのも、眠れないという症状の一種なのです。眠れない状態が長く続くと、不眠症と診断されることもあります。

1-2.不眠症の種類

不眠症には大きく分けて以下のような4つの種類があります。

  • 夜になかなか寝つけない(入眠障害)
  • 眠りが浅く、何度も目が覚める(中途覚醒)
  • 朝早く目が覚めて、以後寝つけなくなる(早朝覚醒)
  • 睡眠時間は長くてもぐっすり眠れたという充実感がない(熟眠障害)

不眠症というのは、単に眠れないだけではありません。睡眠時間は長くても熟睡できず、日中頻繁に強い眠気に襲われるようでしたら、不眠症と診断される可能性があります。

1-3.不眠症は国民病?

不眠症は決して珍しい病気ではありません。前述したように日本人の5人に1人は「寝つきが悪い」「よく眠れない」といった睡眠に対する悩みを抱えています。また、高齢になるほど不眠に悩む方は増えていき、60歳以上では3人に1人が不眠に悩まされており、20人に1人が睡眠薬の処方を受けているのです。ですから、不眠症は特別な方がかかる病気ではありません。むしろ国民病ともいえる病気です。

1-4.不眠症の診断基準

夜眠れなかったり眠りが浅かったりすること自体は、よくあることです。誰しも一度は経験したことがあるでしょう。不眠症は、このような状態が1か月以上続き、倦怠感や食欲不振・集中力の低下・抑うつなどの症状が現れる状態のことです。
たとえ睡眠時間が短くても、日中に不調が感じられなければ不眠症ではありません。逆に、何時間眠っても眠気が取れないという場合は、不眠症とは異なる睡眠障害である過眠症の可能性もあります。
睡眠時間に関係なく、すっきりと目覚められず日中の生活に支障が出るようならば、一度病院を受診してみましょう。