夜眠れない6つの原因と、不眠を解消するセルフ対策のポイント!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

最近ぐっすり眠れていますか? 規則正しい睡眠は健康のために大切なものですが、眠りたくても眠れないという経験は誰にもあるでしょう。眠れない日が続くと、寝不足が蓄積して生活に支障をきたす恐れもあります。不眠対策のためには、まず眠れない原因を知ることが大切ですね。そこでこの記事では、眠れなくて困っている人のために、不眠の原因から対策までを説明します。

  1. 不眠について
  2. 眠れない病気について
  3. 眠れない原因について
  4. 眠れない、タイプチェック
  5. 眠れないときのセルフ対策法
  6. 眠れない症状の治療について
  7. よくある質問

この記事を読めば、どうして眠れないのか、その原因と対策のポイントがわかります。毎日必ずやって来る夜を安心して迎え、人生の1/3ともいわれる睡眠の時間を快適に過ごすために、ぜひお役立てください。

01. 不眠について

夜、寝たくても眠れないことを不眠といいますが、その症状はさまざまです。まずは不眠の状態について説明しましょう。

1-1.不眠とはどういう症状か

「眠れない」といっても、忙しくて寝る時間がないという状況ではなく、眠れる環境にあるのに眠ることができない状態のことを「不眠」といいます。具体的には、以下のいずれかの症状が続いた状態です。

  • 寝つきが悪く、布団に入ってもなかなか眠りに入れない
  • 眠りが浅く、長い時間寝ても寝た気がしない。深い眠りの時間が短い
  • 朝、起きる予定の時間よりも早く目覚めてしまい、そのまま眠れない
  • いったん眠りについても、夜中に何度も目が覚めてしまう

1-2.不眠の現状と最近の傾向について

ストレスが多い現代では、不眠に悩む人が多いのが現状です。厚生労働省では不眠について以下のような記述がありました。

日本では、一般成人のうち約21%が不眠に悩んでおり、約15%が日中の眠気を自覚しているとの調査結果があります。こうしてみると、成人の5人に1人、つまり1500万~2000万人の人が不眠に悩んでいると推計される

出典:厚生労働省 みんなのメンタルヘルス

24時間型の社会環境やインターネットの発達で、夜寝て朝起きるというリズムが狂いがちな現代は、いつのまにか不眠に陥る可能性もあるのです。年代別では高齢者に多い傾向にあり、性格的には完璧主義者や心配性の人が不眠になりやすいといわれています。