スマホによる腱鞘炎とは? 原因・対処法・改善法など徹底解説

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

スマートフォン(スマホ)は、1人1台の時代となりました。電車やバスに乗ると、ほとんどの人がスマホを扱っていますよね。時間があれば、ずっと触っている人もいるはずです。しかし、長時間操作していると、手首・親指を動かすたびに痛みを感じることがあります。実は、スマホによって「腱鞘炎(けんしょうえん)」になる可能性があるのです。本記事では、腱鞘炎の基礎知識・スマホとの関係・改善方法・予防法について説明します。

この記事を読むことで、腱鞘炎とスマホの関係や、改善方法・予防法が分かります。悩んでいる方や気になっている方は、ぜひチェックしてください。

01. 腱鞘炎の基礎知識

まずは、一般的な腱鞘炎について、主な症状・原因・注意点を説明します。

1-1.腱鞘炎とは

腱鞘炎とは、骨と筋肉をつなげる腱(けん)を束ねる腱鞘(けんしょう)が炎症を起こすことです。腱は、骨と筋肉をつなげる繊維性の結合組織となります。腕から指まで束状に何本も通っており、腱が正常に働くことで指の曲げ伸ばしが自由にできるのです。腱鞘炎は、複数の腱を収めている腱鞘が、何かしらの原因で腫れる状態を指しています。この部分が炎症を起こすと、指・手首の曲げ伸ばしが思うようにできなくなるのです。

1-2.主な症状

腱鞘炎は、美容師・ピアニスト・漫画家・作家など、手を動かすことの多い職業に多く発症します。しかし、近年、パソコン・スマホの普及率が上がると同時に、腱鞘炎の患者数が増加しているのです。「パソコン腱鞘炎」「マウス腱鞘炎」「新現代病」とさまざまな名前で呼ばれています。
気になる症状は、手を握ったり、指を曲げ伸ばししたりしたときに痛みが走ることです。安静にしていれば痛みはありませんが、動かすたびにピキッと痛みが走るでしょう。肩こり・肘の痛みを併発しているケースもあります。

1-3.主な原因

腱鞘炎の主な原因は、長時間継続的に使う・一部分への負荷のかけ過ぎ・同じ動作をくり返すことなどです。ほとんどの人が、使い過ぎによる負荷で炎症を起こしています。使いすぎることで、腱鞘が腫れて厚くなったり、腱の表面が傷むのです。さらに、患部へ刺激を与えることになるため、悪循環が生じます。

1-4.腱鞘炎の注意点

腱鞘炎は、なかなか治らないといわれています。なぜなら、腱鞘炎になるのは、体や首などのゆがみや筋力不足のために、腕・指に過度の負担がかかるからです。湿布(しっぷ)や痛み止めの薬・注射は、あくまで一時的な処置で、「体のゆがみ」を改善する必要もあります。
また、症状を放置すると悪化するでしょう。きちんと改善していかなければ状態が悪くなり、手術も必要になるので注意しなければなりません。