いびきには鼻炎の治療が有効!? いびきと鼻炎の意外な関係とは?

いびきには鼻炎の治療が有効!? いびきと鼻炎の意外な関係とは?

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

寝ているときに大きな音が鳴るいびき。このことが悩みの種になっている方も多いでしょう。いびきにはいくつかの原因がありますが、考えられる大きな要因のひとつは、鼻炎による鼻づまりです。

この記事では、いびきの原因となりうる鼻炎の種類との対策を明らかにし、家庭でできる鼻づまり対策についても取り上げます。

01. いびきと鼻炎ってどんな病気?

ひとくちにいびき、鼻炎といってもいくつかの種類があります。同じように聞こえるいびきでも、厳密には喉の奥のどこが振動しているのか、によって名前が異なるのです。それぞれについて見ていきましょう。

1-1.いびきとは?

いびきとは、様々な理由で睡眠中に気道(上気道)が塞がり、その狭くなったところを空気が通り抜けることによって起こるものです。

いびきを音響学的に分類すると、振動型と狭窄型の2つに分別されます。

1-1-1.振動型

振動型とは、喉の奥にある軟口蓋、口蓋垂(のどちんこ)などが喉の奥のほうに垂れ下がり、上気道を塞いでしまうことが原因で発生するいびきを指します。呼吸をすると、これらの組織が振動し、その音がいびきとなるのです。

1-1-2.狭窄型

狭窄型とは、気道が狭くなり、その狭くなった気道の中を空気が通り抜けることによって発生するいびきを指します。舌の付け根にあたる舌根(ぜっこん)が喉の奥のほうに落ちることや、鼻づまり、アデノイド(咽頭扁桃)肥大や扁桃肥大、鼻中隔湾曲症(鼻腔を左右に分ける鼻中隔が曲がっている)、副鼻腔炎による粘膜肥厚などが主な原因です。

こうしたいびきは、いずれも眠っている間に呼吸が止まってしまう、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の引き金にもなり得ます。

睡眠時無呼吸症候群は、60秒以上無呼吸の状態が続くこともあり、昼間の眠気の原因や身体の不調、注意力低下などの症状を引き起こす可能性もある危険な症状です。

1-2.鼻炎とは

鼻炎とは一般的に、鼻内部の粘膜が炎症を起こすことです。ただ、一口に鼻炎といっても、様々な種類があります。

1-2-1.アレルギー性鼻炎

ハウスダスト、イエダニ、ペットの毛などが原因で起こる鼻炎のことです。春になると起こりやすいスギやヒノキなどの花粉症も、このアレルギー鼻炎に分類されます。

厚生労働省が発表した「アレルギー疾患の現状等」によると、平成26年のアレルギー性鼻炎(花粉によるものを含む)の総患者数は66万3000人だとされており、そのうち43%が20歳未満の若年者です。

1-2-2.急性鼻炎(鼻かぜ)

急性鼻炎とは、主に風邪などによって鼻腔内の炎症が急激に発生したものです。症状としては鼻づまりやくしゃみなどがあります。風邪の原因となるライノウィルス、アデノウイルスなどのウィルスが原因であることが多いです。

1-2-3.慢性鼻炎

急性鼻炎とは違い、数ヶ月など長期間、鼻の粘膜に炎症が生じることが慢性鼻炎です。鼻炎の慢性化には様々な原因があり、急性鼻炎の慢性化、加齢や妊娠などに加え、寒い外気など、様々な外的要因が慢性鼻炎の原因になり得ます。

また、これらの慢性鼻炎を繰り返すうちに、鼻腔の中にある下鼻甲介(かびこうかい)という組織が肥大化してしまうことがあり、これが慢性肥厚性(ひこうせい)鼻炎です。

1-3.副鼻腔炎について

副鼻腔に炎症を起こし、重症化すると膿がたまる(蓄膿症)症状が起こります。鼻腔内の粘膜が炎症を起こす鼻炎とは区別されますが、併発することが多い病気のひとつです。

ここまで、いびきと鼻炎の各原因、分類について見てきました。

それでは、いびきと鼻炎にはどのような関係があるのでしょうか?