足の裏の痛みを改善させるポイント

歩くと足の裏が痛い原因は? 痛みを改善させる3つのポイント

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

たくさん歩いた後や長時間立ちっぱなしだったときなど、足の裏が痛むことはありませんか? 足裏の痛みをそのままにしておくと、重症化して日常生活に支障をきたす恐れもあるので注意が必要です。

そこで、この記事では、足の裏が痛くなる原因・改善方法について解説します。足の裏が痛いとお悩みの方は、この記事を参考に痛みに対処していきましょう。

01. 足の裏が痛い原因は?

足の裏が痛くなる原因は人によってさまざまです。具体的にどのようなものがあるのでしょうか? ここでは特に代表的な4つの例を紹介します。

1-1.靴のサイズが合っていない

第一に、靴のサイズが合っていないということが考えられます。本来、足の裏はアーチ状になっており、これがバネの役割をして衝撃を吸収しているのです。しかし、靴のサイズが合っていないと足裏のアーチがうまく機能せず、衝撃をダイレクトに受けてしまいます。その結果、足の裏に負担がかかり、痛みが起こるのです。

1-2.肥満によって足に負担がかかっている

第二に、肥満傾向であることも足裏が痛む原因です。肥満の場合、従来に比べて足裏に大きな負担がかかります。これによって、足裏のアーチを支えている『足底腱膜』に炎症が起こり、痛みが現れるのです。

1-3.姿勢が悪いため足裏に過度な負担がかかる

第三に、日頃の姿勢が悪いということがあげられます。姿勢が悪いと歩き方にも癖が現れ、足裏にかかる負荷がアンバランスになりがちです。足裏の一部だけに負担が集中することによって、痛みが起こります。

1-4.扁平足によって足への負担が大きくなる

第四に、扁平足になっているために足への負担が大きくなっていることが考えられます。扁平足とは、足裏のアーチがなくなって真っ平らになっている状態のことです。本来はアーチによって吸収される衝撃がそのまま足に伝わるため、ダメージが蓄積され痛みが現れます。

扁平足の原因・解消方法については、「扁平足は改善できる? 土踏まずを作るために役立つ3つのポイント」を読んでください。