腰痛からくる足のしびれに悩む人に実践してほしい5つの対処法

腰痛からくる足のしびれに悩む人に実践してほしい5つの対処法

「気付くと足にしびれがある」「常に足のしびれを感じている」という場合、「もしかしたら足に何らかの異常があるのではないか」と心配になってしまうはず……。ですが、もしかしたらその足のしびれは腰痛が原因かもしれません。

腰痛もあって足のしびれも感じているという場合、どういった対処法があるのでしょうか?
すぐにでも実践できる対処法を含め、5つ紹介します。

まずは病院を
受診すること

そもそも、なぜ腰痛が原因で足がしびれてしまうのかというと、これにはいくつかの原因が考えられます。その中には病気が関係しているものもあるため、自分で独学の対処法を取るよりも先に病院で診てもらわなければなりません。そのため、病院を訪れることも大切な対処法のひとつだと言えるでしょう。

ただ、腰痛の80~85%は原因不明とされているため、腰痛や足のしびれの原因がわからなかった場合、その他の対処法を試していくことになります。

姿勢を
良くする

姿勢が悪い人は血行も悪くなるのですが、悪い姿勢が体に与える負担も大きいです。無理な姿勢で過ごすことが多い人は、それが原因で腰痛や手足のしびれが起きてしまうことがあります。

また、腰椎すべり症という病気では腰痛が主な症状なのですが、足の痛みやしびれが起こることもあるんです。この場合も姿勢が悪かった場合に症状が現れやすいので、普段から姿勢良く過ごせるよう意識しましょう。

適度な運動を
心がける

適度な運動は血行を良くし、筋肉をつける効果があります。高齢になると運動をする機会が減って筋肉も少なくなってしまいますが、これが腰痛や足のしびれに関係しているケースもあるんです。

激しい運動をする必要はないので、ウォーキングを日課にしたり、お風呂上りにストレッチをするなどして無理のない運動を行ってみましょう。

悪い癖を
改善する

これは姿勢を正すことと似ているのですが、人によって癖がありますよね。例えば、立つ時は片足に重心が偏っている、足を組むなどの癖がある人は珍しくありません。

腰痛から足のしびれに悩んでいる人の中には、その癖が原因となっていることもあります。
対処法として、自分が無意識のうちにやってしまう癖がないかチェックしてみるといいですね。

腰を
温める

足のしびれが気になるという場合でも、その根本的な原因が腰痛にあるのであれば腰痛対策を取るのが正しい対処法です。そこで、腰痛対策として腰を温めるのも効果的です。体が冷えると筋肉が緊張してしまい、腰痛が悪化してしまう可能性があるため、腰を温めて筋肉の緊張をほぐしてあげましょう。血行不良の改善にも繋がるので、冷え性の人は特に意識して実践したい対処法です。

足のしびれ
まとめ

いかがでしたか? 腰痛からくる足のしびれを改善するための対処法として、

  1. 病院で診察を受ける
  2. 姿勢を改善する
  3. 運動を取り入れる
  4. 腰や足に負担をかける癖を改善する
  5. 腰を温め、血行を良くする

という5つを紹介しました。

足のしびれを悪化させてしまう人の多くは、長期間に渡り腰痛を放置しています。それほど腰痛が酷いわけではないからと甘く考えていると、徐々に歩行が困難なほど足のしびれが現れてしまうこともあるので、早めの対処が大切です。