スポーツ障害の種類や原因を検証して改善法を知る!

スポーツ障害はなぜ起こるのか? 種類や原因を検証して改善法を知る!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

スポーツ障害とは、スポーツをすることによって起こる障害のことです。スポーツによって身体を酷使することが原因と考えられており、スポーツ選手の中にもこの障害をきっかけに引退している人はたくさんいます。スポーツ障害は、大人だけでなく子どもにもよく起こる障害です。特に、発達段階にある成長期には、さまざまなスポーツ障害が起こりやすいと言われています。どのようなスポーツ障害があるのかを知り、改善法や予防法をチェックしておきましょう。この記事では、スポーツ障害の種類や原因・対処法などをまとめてご紹介します。

この記事を読むことで、スポーツ障害について分かるはずです。改善したい人や予防したい人は、ぜひ参考にしてください。

01. スポーツ障害について

まずは、スポーツ障害について解説します。

1-1.概要

スポーツ障害とは、スポーツによって生じる身体の故障を言います。繰り返し身体に負担がかかることによって起こるのが「スポーツ障害」で、骨折や脱臼などスポーツによって起こるケガが「スポーツ外傷」です。この二つを総称してスポーツ障害と呼ぶこともあります。特に、痛みなどの症状が慢性的に続くスポーツ障害は、重症化する可能性があるため注意が必要です。

1-2.主な原因

スポーツ障害は、成長期の子どもや中高年に多いと言われています。成長期は急激に身長が伸びるため、筋肉の発達が追い付かず、骨と筋肉の付着部に負担がかかりやすいのです。そのため、過剰なスポーツによってスポーツ障害を起こしやすくなっています。特に、野球やサッカーなどのスポーツをしている子どもに多いでしょう。逆に、中高年になると加齢による運動器の退行変性が現れ、スポーツ活動による障害を起こしやすくなります。