スポーツ中の捻挫に注意! 予防のために知っておきたい3つのポイント

捻挫は、スポーツによる怪我の中でも特に多い傷害です。骨折など、他の怪我に比べて軽視されがちですが、捻挫を甘く見ていると後々の生活に多大な影響をもたらします。そこで、この記事では、捻挫を未然に防ぐための注意点を紹介しましょう。捻挫の予防方法を正しく理解し、安全にスポーツを楽しんでください。

捻挫にはどのような症状があるのか?

捻挫とは関節の靭帯や腱・軟骨が傷つく怪我のことで、痛み・腫れ・内出血などの症状があります。スポーツ中のアクシデントや日常生活での転倒・階段の踏み外しなどによって、関節に可動域以上の運動が生じることが主な原因です。損傷の程度によって3段階に分類されています。

1-1.1度(軽度の捻挫)

1度は、靭帯の1部が瞬間的に伸ばされたのみで、痛みや腫れが軽い状態です。靭帯の断裂はなく、いわゆる「軽くひねった程度」という状態で、早ければ当日中、長くても数日で痛みが軽くなります。

1-2.2度(中度の捻挫)

2度は、靭帯が部分的に切れている状態のことです。関節に腫れが出て、動かす際に激しい痛みを伴います。完治までに2〜2週間かかるのが一般的です。

1-3.3度(重度の捻挫)

3度は、靭帯が完全に切れてしまった状態で、場合によっては手術が必要となります。激しい痛みや腫れを伴い、関節の曲げ伸ばしができなくなることも珍しくありません。程度によっては、完治までに1ヶ月以上かかることもあります。

捻挫が起こりやすい部分は?

捻挫は、関節が存在する部位であればどこでも起こり得る怪我です。しかし、実際には場所によって起こりやすい部分とそうでない部分があります。特に捻挫が起こりやすい部位とその理由を紹介しましょう。

2-1.もっとも起こりやすいのは足関節!

捻挫といえば足関節に起こる捻挫を指す位、足関節は捻挫が起こりやすい部位です。段差を踏み外したりヒールなどカカトの高い靴でバランスを崩したりした際などに、足の側面に全体重がかかることによって起こります。重度になると松葉杖や車イスが必要になることもあるため、注意が必要です。

2-2.スポーツ中に特に多い膝関節の捻挫!

膝関節も捻挫が起こりやすい部分の一つで、スポーツ中の怪我としてはもっとも多く見られます。スポーツ中の無理な動きによって膝を捻ったり、階段の上り下りや長時間の正座や中腰などで膝に過度な負担がかかったりすることが原因です。肉離れや半月板の損傷など、合併症を伴うこともあります。

2-3.手の指に起きる捻挫にも要注意!

手の指も捻挫が起こりやすい部分です。一般的に手の指に起こる捻挫を突き指と呼びます(ただし、突き指には骨折も含まれるため、『突き指=捻挫』ではありません)。球技でボールを取り損なった、転倒して指で体を支えたなどが主な原因です。放置すると指が変形に繋がることもあります。

捻挫を予防するために注意するべきこと

それでは、捻挫を予防するためにはどのようなことに注意すればよいのでしょうか? 3つの予防方法を紹介します。

3-1.運動前にはウォーミングアップを欠かさずに行う!

運動前にウォーミングアップを行うことで、捻挫予防につながります。関節が固いまま運動を始めると捻挫の危険性が高くなるため、特にストレッチは重要です。十分なウォーミングアップをして、関節の動きをスムーズにしてから運動を始めるようにしましょう。

3-2.サポーターやテーピングで関節を守ろう!

スポーツをする際、サポーターやテーピングを使用することも捻挫予防に効果的です。サポーターやテーピングには関節を安定させる働きがあり、関節の保護に役立ちます。ただし、テーピングには正しい知識と技術が必要となり、誤った方法では効果がありません。まずは、柔道整復師など、専門家にアドバイスをもらうとよいでしょう。

3-3.適度な筋肉をつけることも大切!

適度な筋肉をつけることで、関節にかかる負担が抑えられ、捻挫を予防することができます。スクワットやチューブトレーニングなどで、捻挫しやすい部分の筋肉を鍛えていきましょう。トレーニング前のストレッチも忘れずに行ってください。

まとめ

いかがでしたか?
この記事では、捻挫の症状や予防方法を紹介しました。

  1. 捻挫にはどのような症状があるのか?
  2. 捻挫が起こりやすい部分は?
  3. 捻挫を予防するために注意するべきこと

これらのポイントを押さえて、捻挫予防に取り組んでください。スポーツを始める前には必ずウォーミングアップをして、関節の動きがスムーズになるように注意しましょう。