階段の昇降運動

階段の昇降は運動やダイエットに効果的?やり方と共に紹介します。

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

適度な運動は健康や美容に効果的です。でも、運動をする気はあるけれど時間がないと悩んでいる方も多いことでしょう。そんな方におすすめなのが階段の上り下りです。階段はいたるところにありますが、ついエスカレーターやエレベーターを利用してしまう方も多いでしょう。しかし、階段を利用するだけで、普通に歩くよりもカロリーの消費量がアップするのです。

そこで、今回は階段の運動やダイエット効果をご紹介しましょう。

この記事を読めば、ダイエットや健康維持に効果的な階段を利用した運動の方法が分かりますよ。運動をしたいけれど時間に余裕がないという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. 階段の運動効果

この項では、階段を使った運動の効果などをご紹介します。通常のウォーキングやジョキングと比べるとどのような点が優れているのでしょうか?

1-1.現代人の運動事情と階段

ビル・マンション・商業施設・学校など、階段はいたるところにあります。しかし、階段がある建物は大抵エレベーターやエスカレーターもついているので、毎日何度も階段を上り下りするという方は少ないでしょう。高層の建物ほどエレベーターやエスカレータ―を利用する方がほとんどだと思います。

歩く以外にも移動手段がたくさんある現代では、意識をして運動をしないと運動不足になりがちです。車通勤をしているオフィスワーカーの方などは、1日の歩数が二千歩に満たないという方もいるでしょう。運動不足になれば足腰が弱りやすくなるだけでなく、肥満にもなりやすくなります。健康のためにも美容のためにも適度な運動は大切です。しかし、改めて運動をする時間を作ろうと思ってもなかなか時間に余裕がないという方も多いと思います。

1-2.階段の上り下りは運動になる?

階段の上り下りは50kg~70kgの男女が行った場合、10分間で約23~28kcalが消費されます。大したことないように思えるかもしれませんが、これはジョギングの消費カロリーとほぼ同じです。ジョギングを10分続けるのは大変ですが、常に階段を使用していれば、1日でトータル10分くらい上り下りを続けることぐらい難しくありません。つまり、改めて運動をする時間を作らなくても階段の上り下りを意識して続ければ、立派な運動になるでしょう。もちろん、ダイエットにも効果的です。

1-3.階段の上り下りは美脚や心肺機能向上にもつながる

階段を上り下りすると、平地を走ったり歩いたりするよりも足の筋肉を使います。ですから、足やせにも効果があるでしょう。また、心肺機能の向上にも役に立ちます。階段の上り下りが楽にできるようになれば、心肺機能も向上していることでしょう。ただし、いくら運動不足でも階段を1階分上っただけで、息切れがする場合は呼吸器などの病気が考えられます。一度呼吸器科などを受診してみましょう。