立ち仕事での腰痛を悪化させないポイント

立ち仕事の方必見! 腰痛を悪化させない3つのポイント

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

店舗での接客や営業回りなど、立ち仕事の人を悩ませる症状の中でも特に大きいものが腰痛です。最悪の場合、痛みによって体の動きが制限され、最悪の場合、仕事が続けられなくなってしまうこともあります。

そこでこの記事では、立ち仕事の人が知っておきたい腰痛対策について紹介しましょう。

01. 立ち仕事が腰痛に
なりやすい理由とは?

なぜ、立ち仕事の人に腰痛で悩む人が多いのでしょうか? 立ち仕事で腰痛になりやすい3つの理由を紹介します。

1-1.立っているときの姿勢に問題がある

立ち仕事で腰痛になる原因として、立っているときの姿勢があげられます。長時間立ち仕事をしていると、つい左右どちらかに体重が偏った姿勢になりがちです。これによって骨盤にゆがみが生じ、腰痛が起こります。

1-2.長時間立ちっ放しによる筋肉疲労

長時間の立ちっ放しによる筋肉疲労も腰痛の原因です。長時間の立ち仕事は、背中・おなか・お尻の筋肉に負荷がかかり筋肉疲労が起こります。すると、筋肉が緊張して硬くなり血行が悪化するのです。血行不良によって老廃物や疲労物質が蓄積され、腰痛の症状が現れます。

1-3.履いている靴が原因になることも

自分に合っていない靴を履いていることも腰痛の原因となります。靴が自分の足にフィットしていないと、体のバランスをうまく取ることができません。

特に、ヒールなどの高い靴は注意が必要です。自然と前のめりの姿勢になるため、バランスを取ろうと不自然に腰をそった姿勢となります。これによって腰に負担がかかり腰痛の症状が出るのです。