血行を良くして肩こり・腰痛を解消するの方法

その肩こり・腰痛の原因は血行不良かも!血行を良くする5つの方法

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

あなたのつらい肩こりや腰の痛み。もしかしたら血行不良が原因かも!
慢性的な肩こりや腰痛は、生活習慣に大きな要因があるとされ、血行不良が関係しているといわれています。血行不良は体にさまざまな症状を引き起こし、放っておくと命にかかわるような病気になるかもしれません。そこで、この記事では血行不良の原因と、血行不良を改善する5つ方法をご紹介します。自分の心がけしだいで改善するものも多くありますのでぜひチェックしてみてください。

血行不良とは?

血行不良とは、血管の血液の流れが悪くなっていることです。
血液は、血管を通り酸素や栄養素を体の隅々まで届け、二酸化炭素や老廃物を肝臓や腎臓に運び、体外に排出しています。血行がよければこの循環がスムーズなのですが、血行が悪ければ酸素や栄養素がうまく運ばれなくなり、老廃物の排出にも影響がでるのです。
この結果、体を健康に維持できなくなり、放っておくと、脳梗塞や心筋梗塞などの命にかかわる病気を引き起こすかもしれません。

血行不良になる原因とは?

血行が悪くなる原因を見ていきましょう。あてはまるものがないかチェックしてください。

2-1.運動不足

事務職やプログラマーなど、同じ姿勢で1日中じっとしている人は、血行不良になりがち。
運動不足の人は、筋力が落ち、血液を送り出す力も弱くなるため、血液の流れが悪くなるのです。
長時間同じ大勢でいることの多い人、姿勢が悪い人や体が硬い人も注意しましょう。

2-2.冷え性

冷え性は、血行が悪いと耳にしたことはありませんか?体が冷えると、筋肉が緊張し血管も冷えます。お肉の油が冷めると白く固まるように、血管が冷えると、血液中の油も固まり、血液がドロドロに。こうなると血管内の流れが悪くなり、詰まってしまう可能性もあるのです。
血液の流れが悪くなると、基礎代謝により温まった血液が全身に届かなくなり、さらに体が冷えるという悪循環を繰り返します。

2-3.ストレス

ストレスを受けると、自律神経のバランスが崩れ、血行不良の原因になります。緊張すると体が硬くなり心臓がドキドキする経験をされた方も多いのではないでしょうか?
人はストレスを受けると、体の筋肉がこわばり、血管が収縮します。これが原因で血行が悪くなってしまうのです。

2-4.生活習慣

日頃から冷たいものや体を冷やす食べ物を多く摂る人は、体の中の血液が冷え、血流が悪くなります。また、お肉や脂っこい食べ物は、コレステロールが血管にたまりやすく、血液がドロドロになる要因。ドロドロの血液は、血液の流れを悪くしますので血行不良になってしまいます。

2-5.水分不足

人の体は、汗や尿だけではなく、呼吸や皮膚から毎日2.5リットルもの水分が失われています。水分不足になると、血液がドロドロに濃縮され、血行不良の原因に。特に、尿は寝ている間に作られるため、朝方は水分不足になりがちです。朝起きた直後は、血行が悪くなっていますので心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まるといわれています。

血行不良になるとどんな悪影響がある?

3-1.肩こり・腰痛を引き起こす

多くの方が悩まされている血行不良の症状が、肩こりや腰痛です。血行不良により、筋肉が緊張した状態になれば、血管が圧迫され、さらに血流の流れが悪くなります。こうなると筋肉が固くなり疲労物質がたまり、コリや痛みが引き起こされるのです。

3-2.肌トラブル・抜け毛

血行が悪くなると、肌に必要な栄養や酸素が十分に運ばれず、体の代謝機能が落ちることで肌トラブルが絶えません。肌の新陳代謝がうまくいかなくなるとしわやシミ・吹き出物に悩まされ、肌の老化が早く進むといわれています。また、血行不良で必要な栄養がいきわたらなくなると、髪の毛にも栄養が届かず、抜け毛や薄毛の原因に。

3-3.冷え性・むくみ

血行不良の原因でもある冷え性。体が冷えることで血行が悪くなり、血行が悪くなると体が冷える。冷え性が先か、血行不良が先かというほど、体の冷えと血行不良は密接に関係しています。
また、むくみは、血流が滞ると引き起こされる代表的な症状の一つ。座りっぱなしの仕事をしていて、夕方になると足がむくむ方、それは足の血流が滞っている証拠です。

3-4.動脈硬化・高血圧

血液がドロドロになり血行不良になると、体は「血液を全身に送らなければいけない」と判断し働き始めます。このとき心臓が血液を押し出す力である「血圧」が上がり高血圧の引き金になってしまう可能性も。高血圧は、血管に加わる圧力を上げるので動脈が硬くなり、動脈硬化を引き起こします。動脈硬化は、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞の原因となる恐ろしい病気なのです。

3-5.婦人科系の病気を招く

女性は冷え性が多いですよね。おなかを触ってみてください。子宮や卵巣付近がカチカチに硬い方は血行不良による冷えが原因です。卵巣や子宮は、必要な栄養素や酸素が届かなければ、生殖機能が低下し生理痛や不妊の原因につながります。不妊患者さんに冷え性が多いのもこれが理由です。

血行を良くする5つの方法

体にさまざまな悪影響を及ぼす血行不良。血行不良を改善するにはどうすればいいのでしょうか?

4-1.運動する

運動といっても、気負わず毎日少しのずつ続けられるもので十分です。特別なことをせずとも、階段を使う・一駅歩く・自転車通勤に変えるなど、日々の生活にちょっとプラスするだけで効果あり。運動をすることで、体温が上がり血流が活発になります。忙しくてどうしても時間が取れないという人は歩くスピードをちょっと上げてみましょう。

4-2.ふくらはぎマッサージ

ふくらはぎは第2の心臓といわれ、上半身と下半身の血液を循環させるポンプのような役割をしています。心臓は血液を送り出しますが吸い上げる力はありません。ふくらはぎのツボをマッサージすることで、下半身にたまった老廃物を排出、きれいな血液を循環させることができるでしょう。時間があるときは、整体などを利用し、全身マッサージもおススメです。自分でやるよりリラックスでき、手が届かないところまでほぐしてもらえます。

4-3.食生活の改善

体の冷えや血液をサラサラにするには、食生活も大事なポイント。体の血流がよくなる食材を積極的に摂取し、血行不良を防ぎましょう。血液をサラサラにする代表的な食べ物は、タマネギ・納豆・にんにく・青魚(サバ・アジ・イワシ)などです。また、体を温める食べ物は、しょうが・玄米・にんにく・根菜・海藻などがあります。飲み物は、冷たいものを控え、ほうじ茶や玄米茶がおススメ。これらの食材をバランスよく摂り、規則正しい生活を心がけましょう。

4-4.半身浴・入浴法

1日緊張やストレスにさらされた体をリセットするには、お風呂が最適!首の後ろや足の付け根などを温かいシャワーの水圧でマッサージします。もし寒い季節でなければ、温水に加え冷水も交互に浴びると効果的。半身浴は38度前後のお湯に20分以上浸(つ)かります。このとき、ふくらはぎや首筋をマッサージしながら入ると、凝り固まった筋肉もほぐれやすいでしょう。
汗をかくことで、体にたまった老廃物を排出、デトックス効果も期待できます。半身浴中は水分不足になりやすいので、水分もしっかり摂るように注意してください。

4-5.デスクワークが多い人は

デスクワークの多い人は、1時間に1回は休憩をし、ストレッチをするなど、体を動かすようにします。パソコンを使う人は、顔が前にでるため、猫背になりがちです。姿勢を良くするよう心がけましょう。
女性は、ストールやひざ掛けを使い、下半身を冷やさないよう気を付けてください。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、血行不良の原因と、血行不良を改善する5つ方法をご紹介しました。

  1. 血行不良とは?
  2. 血行不良になる原因は?
  3. 血行不良になるとどんな悪影響がある?
  4. 血行を良くする5つの方法

血行がいいと、それだけで健康を手に入れたようなものです。
この記事でご紹介したことを参考に血行不良を改善、予防してください。
リラックス効果の高い整体はストレス解消にもなります。
まずは、血行不良の原因となる、日々の生活習慣やクセを見直すところから始めてみませんか?

血行不良による肩こりでお悩みの方必見!

健康の為に食生活を変えたい!! でも変えられない……そんなあなたに世界で唯一認められた田七人参「白井田七」を! (白井田七は国際有機認証団体より有機認証を唯一取得した田七人参です)

めぐり成分のサポニン配合で、あなたのサラサラ健康生活を強力にサポートします。
満足度94%15日の返金保証付きです。