首こりのせいで頭痛が起きるってほんと? 首こりと頭痛の解消法は?

首こりのせいで頭痛が起きるって本当? 首こりと頭痛の解消法は?

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「首こりのせいで頭痛がする……」というお悩みはありませんか? ひどい首こりはとてもつらく、頭痛や吐き気を引き起こします。仕事に集中できないなど、日常生活に深刻な影響を及ぼすことも多いのです。この記事では、しつこい首こりから起こる頭痛の原因とメカニズムを解明し、関係する病気についてもまとめました。後半では首こりと頭痛の解消法を紹介します。

この記事を読んで首こりと頭痛の関係を知り、つらい症状の解消に役立ててください。

01. 首こりと頭痛について

1-1.首こりについて

「首こり」は、首の筋や筋肉にこわばった不快感を覚える症状です。整形外科専門医は、「肩こり」の定義を、肩・首・肩甲骨周辺部に、固くなっている・張っている・重苦しい・痛いなどの感じがあることとしています。つまり、肩こりの定義は、首こりも含んでいるのです。西洋では肩こりがあると「背中が痛い」「首が痛い」と表現するように、西洋医学では首・肩・背中のこりは一体と考えます。
また、肩こり・首こりは病名というより「自覚症状」であると捉えるべきです。ひどく筋肉が固くなっているのに平気な人もいる一方、それほど固くなくても頭痛や吐き気を訴える人もいるため、症状名にとどまっています。肩こり・首こりの原因とメカニズムは、まだ十分に解明されていません。

1-2.首こりの原因は?

首こりが起こる原因と考えられることをあげてみましょう。

1-2-1.悪い姿勢

首を突き出す「亀首」と言われる姿勢では、重い頭を支える負担が大きくなります。猫背や前かがみの癖もこりの原因です。悪い姿勢で顔が下を向く体勢が普通になっていると、正面を見るにも頭を持ち上げて見上げる動作となり、首の後ろに大きな力がかかります。

1-2-2.同じ姿勢の持続

デスクワークなどで同じ姿勢を取り続ける、しゃがみこんで作業を続けるなどで、背中から首の筋肉が緊張して固くなります。楽な姿勢のつもりで寝転んで本を読むときも、実は筋肉が緊張する体勢になっていることがあり、首こりの原因です。

1-2-3.視力調整・眼精疲労

目の酷使も首こりの原因です。最近ではパソコンのほか、スマホをのぞき込む姿勢で使い続けるため、目の疲れからくる首こりの人が増えています。メガネが合っていなかったり、細かい作業をしたりと視力調整の負担が大きいときも首こりが発生するのです。

1-2-4.血行不良と運動不足

同じ姿勢は血行不良になり、首こりにつながります。運動不足の人は筋肉をほぐすことがなく、血行も悪いため首こりになりやすいのです。また、筋力が落ちていると疲労物質がたまりやすくなります。

1-2-5.体の冷え

エアコンの効きすぎは首こりの大敵です。寒さにより首や肩の筋肉が緊張し、血行も悪くなります。体の冷えは、頭痛や腰痛のほかにもいろいろな症状を引き起こすため、寒冷期に限らず注意が必要です。

1-2-6.精神的・身体的ストレス

悪い姿勢の持続など体にかかるストレスのほか、精神的なストレスも自律神経を乱し、首こりの原因となります。自律神経のうち交感神経は活動するときに働き、副交感神経が働くときは脳と体がリラックスした状態です。人間の生活リズムは二つの自律神経が交代で働くことで安定しています。自律神経が乱れると心身の調子が崩れ、疲れが取れにくくなり、首こりの症状としても現れるのです。

1-3.頭痛の原因とメカニズム

首こりがひどいと頭痛がするという人が多いため、ここで頭痛についてまとめます。

1-3-1.緊張性頭痛

症状

首のこりと関連が深いのが緊張性頭痛です。頭や首の部分的な痛みが頭痛を引き起こすことがあります。緊張性頭痛は、頭が締め付けられるような痛みを頭全体に感じることが特徴です。
痛みの程度は軽度から中度にとどまり、作業不能に陥ることや眠りから覚めるほどではありません。起きてから数時間後に頭痛が始まり、次第にひどくなるのが典型的な症状です。痛みの持続は数時間から数日という場合もありますが、慢性になるとひと月のうち15日以上に痛みが起こります。回数が多いほど重症度もあがり、痛む時間も長くなるのです。

原因

緊張性頭痛の原因はストレスの可能性もありますが、よくわかっていません。睡眠障害・顎関節症・首の痛み・眼精疲労が原因となると考えられています。

1-3-2.片頭痛

症状

激しくつらい痛みで何もできなくなり、日常生活に支障が出ることが多いのが片頭痛です。脈打つような痛みやズキズキする痛みが起こります。片頭痛を持つ人の約25%が前兆として閃光(せんこう)が見えたり、視野が欠損し、その周囲が光って見えたりすることがあるようです。運動・光・音・においなどで悪化することがあり、吐き気も伴うため、頭痛が収まるまで暗い静かな部屋で横になって過ごす人が多くいます。症状が軽い場合は緊張性頭痛と似た症状です。

原因

片頭痛は神経系が過敏な人に起こりやすいものです。脳に電気的な活動が広がると、視覚・感覚・バランス・筋肉の協調・発語などに一時的な障害が起こり、頭痛の前兆が現れます。主な原因は睡眠不足・天候(気圧)の変化・特定の食べ物・空腹・きらめく光などの刺激・ストレスなどです。女性ホルモンのエストロゲン濃度の変動が片頭痛を引き起こす可能性があり、女性に多いのはこのためでしょう。頭部の外傷・首の痛み・顎関節症が片頭痛の原因となったり、悪化させたりする場合もあります。

1-3-3.群発性頭痛

症状

耐えがたい痛みでじっとしていられず、歩き回ったり、頭をたたいたりするほどの、うずくような痛みがあります。頭痛の発作は突然始まり、鼻水と涙が出てこめかみが痛くなり、目の奥に痛みが広がるのが通例です。痛みのせいで睡眠から覚めてしまうこともありますが、30分から1時間で頭痛は消失します。群発性頭痛は20歳から40歳の男性に多く発症することが特徴です。

原因

数カ月や数年間、頭痛の発作が起こらなくなった後、再発することが多いため、視床下部の機能障害が考えられます。発作が続く時期では、飲酒は頭痛の誘発因子のひとつです。

1-4.首こりと頭痛の関係

緊張型頭痛は主に筋肉の緊張により引き起こされます。肩や首などのこりとともに持続する頭痛と言えるでしょう。筋肉の痛みを伴う片頭痛では、発作の30分から1時間前に肩こりや首こりなどの痛みが現れ、頭痛の消失後も数時間続くケースが多いのです。このように、緊張性頭痛と片頭痛は首こり・肩こりと強い関連があります。特に首のこりは、脳への血行を阻害するため、めまいや深刻な頭痛につながるのです。