その不眠、肩こりが原因かも! ガチガチの肩をほぐして自律神経を整える方法

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

夜眠れない日が続くとつらいですよね。ひょっとして、体がこわばって、肩から背中にかけて硬くなっていませんか? もしそんな症状があったら要注意です。その不眠は、肩こりが原因かもしれません。慢性的な肩こりに悩む人が安眠するためには、まずは肩こりを解消することが大切です。この記事では、肩こりと不眠で困っている人のために、肩こりの解消法や自律神経の整え方から、眠れる体づくりについても解説します。

この記事を読めば、肩こりと不眠をダブルで解消する方法を知ることができます。ぜひ日々の暮らしに取り入れて、ぐっすり眠れる軽やかな毎日を過ごしてください。

01. 肩こりと不眠の関係

肩こりが不眠の原因というと意外に思うかもしれませんが、自覚がない人が多いため、改善につながりにくいのが現状です。ここでは、肩こりと不眠の関係について説明します。

1-1.肩こりで不眠になるか

スマートフォンの普及で、目を酷使したり長時間同じ姿勢でいたりすることが増え、慢性的な肩こりに悩まされる人が増えています。一方、眠りが浅かったり寝つきが悪かったりするなど、不眠に悩む人も多いのです。この二つの症状に共通しているのが、自律神経の乱れといえます。肩こりは自覚できますが、肩こりが原因で不眠になっていると気づく人は少ないでしょう。知らないうちに、肩こりのために眠りが浅くなり、睡眠不足に陥っていることもあるのです。

1-2.なぜなるか、原因、メカニズム

不眠の主な原因は自律神経の乱れです。自律神経とは、内臓や血管など無意識に動いている器官を制御するために、24時間働いている神経で、交感神経と副交感神経の2種類があります。日中の活動的なときや緊張しているとき、ストレスを感じているときに働くのが交感神経です。一方、リラックスしているときや睡眠中は副交感神経が働いています。
睡眠のときには、本来なら副交感神経が働くところを、ストレスなどで交感神経が優位になっていると、体は緊張状態になり、うまく眠ることができません。肩こりも、筋肉が緊張した状態で、交感神経が活発になっています。そのため、リラックスすることができず、不眠になってしまうのです。自律神経は、脊髄を通る中枢神経から体の各方面へ伸びているため、肩や背中が緊張状態になると影響を受けて働きが乱れる可能性がります。
こうして睡眠不足になることで、さらに自律神経は乱れ、体はますます緊張して、肩こりを生じることになり、負のスパイラルに陥るのです。

1-3.なりやすい人とは

肩こりから不眠になりやすい人は、肩こりが慢性化している人です。たとえば、パソコンやスマホを日常的によく使う人や、デスクワークの人もなりやすいでしょう。眼からの光刺激が強く、夜遅くまで明るい場所で過ごす人やスマホを夜遅くまで見る人も、リラックスできず、就寝時にも緊張が続いています。
また、ものをかむときに片方だけをよく使う癖のある人は、あご関節が歪み、首の骨の上部にひずみが出て首から肩にかけて、こりを生じる場合があるのです。

1-4.関係する病

肩こりと不眠に関係する病気には、顎関節症・眼精疲労・頭痛・自律神経失調症・めまい・血圧などがあります。なかなか改善しない、いつもと違う不快感があるなどの場合は、早めに受診しましょう。