肩こりからくる頭痛や吐き気の原因は?痛みから解放されるための方法

肩こりからくる頭痛や吐き気の原因は?痛みから解放されるための方法

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

肩こりからくる頭痛にお悩みではありませんか?肩こりが原因で起こる頭痛を経験したことがある人は多いでしょう。ひどいときは吐き気が伴うこともあります。たいていの場合、肩こりを解消することで頭痛や吐き気はおさまるでしょう。しかし、何らかの病気が関係している可能性もあるのです。この記事では、肩こりと頭痛の関係や頭痛の解消法などをまとめて解説します。

この記事を読むことで、なぜ肩こりから頭痛が起こるのか、どうすれば解消できるのかがわかります。頭痛を起こしやすい人は、ぜひ実践してみてください。

01. 肩こりで頭痛が起こるのはなぜ?

肩こりはなぜ頭痛を引き起こす原因になるのでしょうか。肩こりと頭痛、それぞれのメカニズムと関係をまとめてみました。

1-1.肩こりが起こるのは筋肉が硬くなるため

重たい頭を常に支えている肩の筋肉は、常に緊張して硬くなっています。筋肉が硬くなると血液の流れが悪くなり、筋肉に供給される栄養や酸素の量が不十分になってしまうのです。その結果、筋肉に疲労がたまり、ますます硬くなります。肩こりが起こるのは、このようなメカニズムによるものです。肩こりの原因としては、姿勢の悪さや眼精疲労・運動不足・精神的なストレスなどがあります。この場合、姿勢や生活習慣を見直し、ストレスを解消することで改善できるでしょう。しかし、変形性頚椎(けいつい)症や頚椎(けいつい)椎間板ヘルニアなど整形外科疾患が原因になっている場合もあります。病院での治療が必要になるため、原因を突き止めることが大切です。

1-2.肩こりを伴う頭痛は「緊張型頭痛」

頭痛には大きくわけて「一次性頭痛」と「二次性頭痛」があります。二次性頭痛の原因となるのは脳腫瘍やくも膜下出血・脳出血などです。そして、一次性頭痛は「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」の3つに分類され、それぞれ原因は異なります。最も多いのが緊張型頭痛で、長時間同じ姿勢を続けたことなどが原因で血行が悪くなり、頭の筋肉が緊張することで起こるものです。肩や首のこりを伴う場合は、この頭痛であることが考えられます。片頭痛と群発頭痛のはっきりとした原因はまだわかっていなく、女性に多いことから女性ホルモンが関係しているという考え方もあるということです。

1-3.肩こりと頭痛の関係とは?

肩がこると血行が悪化し血管が収縮します。首や肩まわりの血液循環が悪くなると、頭に供給される血液が滞ることになり、脳が酸欠状態になるのです。その結果、頭痛が起こります。つまり、肩こりと頭痛は密接な関係にあり、頭痛を予防するために肩こりを解消することは非常に大切なのです。また、片頭痛の症状として肩こりが起こる場合もあります。緊張型頭痛の場合と違い、急に悪化しやすいのが特徴です。