肩こりからくる頭痛や吐き気の原因は?痛みから解放されるための方法

肩こりからくる頭痛や吐き気の原因は?痛みから解放されるための方法

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

肩こりからくる頭痛にお悩みではありませんか?肩こりが原因で起こる頭痛を経験したことがある人は多いでしょう。ひどいときは吐き気が伴うこともあります。たいていの場合、肩こりを解消することで頭痛や吐き気はおさまるでしょう。しかし、何らかの病気が関係している可能性もあるのです。この記事では、肩こりと頭痛の関係や頭痛の解消法などをまとめて解説します。

この記事を読むことで、なぜ肩こりから頭痛が起こるのか、どうすれば解消できるのかがわかります。頭痛を起こしやすい人は、ぜひ実践してみてください。

肩こりで頭痛が起こるのはなぜ?

肩こりはなぜ頭痛を引き起こす原因になるのでしょうか。肩こりと頭痛、それぞれのメカニズムと関係をまとめてみました。

1-1.肩こりが起こるのは筋肉が硬くなるため

重たい頭を常に支えている肩の筋肉は、常に緊張して硬くなっています。筋肉が硬くなると血液の流れが悪くなり、筋肉に供給される栄養や酸素の量が不十分になってしまうのです。その結果、筋肉に疲労がたまり、ますます硬くなります。肩こりが起こるのは、このようなメカニズムによるものです。肩こりの原因としては、姿勢の悪さや眼精疲労・運動不足・精神的なストレスなどがあります。この場合、姿勢や生活習慣を見直し、ストレスを解消することで改善できるでしょう。しかし、変形性頚椎(けいつい)症や頚椎(けいつい)椎間板ヘルニアなど整形外科疾患が原因になっている場合もあります。病院での治療が必要になるため、原因を突き止めることが大切です。

1-2.肩こりを伴う頭痛は「緊張型頭痛」

頭痛には大きくわけて「一次性頭痛」と「二次性頭痛」があります。二次性頭痛の原因となるのは脳腫瘍やくも膜下出血・脳出血などです。そして、一次性頭痛は「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」の3つに分類され、それぞれ原因は異なります。最も多いのが緊張型頭痛で、長時間同じ姿勢を続けたことなどが原因で血行が悪くなり、頭の筋肉が緊張することで起こるものです。肩や首のこりを伴う場合は、この頭痛であることが考えられます。片頭痛と群発頭痛のはっきりとした原因はまだわかっていなく、女性に多いことから女性ホルモンが関係しているという考え方もあるということです。

1-3.肩こりと頭痛の関係とは?

肩がこると血行が悪化し血管が収縮します。首や肩まわりの血液循環が悪くなると、頭に供給される血液が滞ることになり、脳が酸欠状態になるのです。その結果、頭痛が起こります。つまり、肩こりと頭痛は密接な関係にあり、頭痛を予防するために肩こりを解消することは非常に大切なのです。また、片頭痛の症状として肩こりが起こる場合もあります。緊張型頭痛の場合と違い、急に悪化しやすいのが特徴です。

肩こりからくる頭痛、病気の可能性も?

肩こりの原因にはどのようなものがあるのでしょうか。また、肩こりを起こしやすい人・考えられる病気についてもご紹介します。

2-1.肩こりを引き起こす要因になるものとは?

現代病とも言われている肩こりは、どのようなときに起こるのでしょうか。そこには、私たちの生活習慣が大きく関係しています。

2-1-1.姿勢の悪さ

姿勢の悪さは筋肉の疲労を招きます。特に、長時間同じ姿勢で作業をするような職についている人は、姿勢の悪さによる肩こりを起こしやすいでしょう。また、近年問題になっているのが、スマホの見すぎによるストレートネックです。長時間のうつむき姿勢が原因で首が真っすぐな状態になり、頭の重さがすべて首や肩にかかるようになってしまいます。肩や首のこり以外にも、めまいや頭痛・吐き気などが起こる場合もあるでしょう。

2-1-2.ストレス

ストレスを受けると筋肉は緊張します。その理由は、交感神経の働きが活発になり、肩周辺の筋肉内にある血管が収縮しやすくなるためです。その結果、血液の流れが悪くなり、肩こりが発生します。

2-1-3.眼精疲労

眼精疲労も肩こりの原因になります。目の神経が疲労すると首周辺の筋肉が緊張して血行が悪くなるのです。その結果、筋肉が硬くなって肩こりが起こります。読書やパソコン作業などで長時間目を酷使することのないよう注意しましょう。

2-1-4.運動不足

運動不足になると筋肉が次第に固くなり、血管を圧迫します。その結果、血液の流れが悪くなり、筋肉に老廃物がたまり、肩こりが起こることもあるのです。

2-2.肩こりになりやすい人の特徴とは?

肩こりにはなりやすい人とそうでない人がいます。以下のような人は特に肩こりを起こしやすいため、頭痛を起こさないように注意する必要があるでしょう。

  • 姿勢が悪い
  • 毎日長時間同じ姿勢でいることが多い
  • 冷え性
  • 運動不足
  • ストレスをためやすい

2-3.病気の可能性は?

原因に何らかの病気が関係している可能性もあります。考えられる病気には、変形性頚椎(けいつい)症や頚椎(けいつい)椎間板ヘルニアのほかにも、高血圧症・低血圧症や狭心症・心筋梗塞、四十肩・五十肩、更年期障害などがあるでしょう。特に、狭心症や心筋梗塞は命にかかわる病気です。左肩を中心にした痛みや胸が締めつけられるような痛みがある場合は、すぐに病院を受診しましょう。また、更年期障害は女性特有の疾患です。女性ホルモンの変化によって自律神経が乱れ、肩こりや頭痛が発生することが多くなります。

肩こりからくる頭痛の解消方法

では、肩こりによる頭痛を解消するにはどうしたらよいのでしょうか。いくつかおすすめの方法をご紹介します。

3-1.肩こりを直すと頭痛もなくなる!

肩こりが原因で頭痛が起きている場合は、当然肩こりを解消することで頭痛もなくなります。一刻も早く楽になるために、肩こりの解消法を知っておきましょう。

3-1-1.ストレッチ

肩こりを引き起こすのは肩甲骨です。猫背の人は肩が前に出て肩甲骨が引っ張られやすい状態になっているため、肩甲骨が自由に動かない場合が多くなっています。そのため、筋肉が血行不良に陥りやすいのです。そこで、有効的な解消法としてストレッチがあります。簡単にできるストレッチをご紹介しましょう。

  • 胸の前で手のひらからひじまでを合わせた状態にし、ゆっくりと上下に動かす
  • 両腕を背中で組み、胸を張って後ろに伸ばし、10秒間キープ
  • 両腕を肩の高さで前に伸ばして手の甲が内側になるように交差し、肩甲骨をまわす

3-1-2.ツボ

「肩こりがひどいのでマッサージに通いたい」という人も多いでしょう。しかし、定期的に通うのは大変ですし、お金もかかります。そこで、肩こりに効くツボをいくつかご紹介しましょう。まず一つが、首の後ろにある「天柱(てんちゅう)」というツボです。両手の親指を使って押すように刺激してみましょう。このツボは頭痛にも効果があるため、ぜひ試してみてください。また、頭頂部にある「百会(ひゃくえ)」というツボも肩こりに効果的です。不眠の改善にも効果があるため、睡眠不足によるストレスを解消することにもつながります。両手の中指を使って10~20回ほど刺激してみましょう。

3-1-3.生活習慣

生活習慣の中にも、肩こりの原因になっているものはたくさんあります。ほんの少し気をつけるだけでつらい肩こりと頭痛から解放される可能性はあるでしょう。

  • 長時間同じ姿勢をとるときは途中で休憩して体を動かす
  • 毎日湯船に浸(つ)かって血行を促進する
  • 体を冷やさないように心がける
  • ストレスをためない
  • 適度に運動をする
  • 質のよい睡眠を十分にとる

普段の生活習慣が不規則な人こそ、肩こり解消のために気をつけてみてください。上記のような生活習慣の見直しは、肩こりを解消するだけでなく健康的な生活を送るうえで必要不可欠なことです。

3-1-4.姿勢を見直そう!

肩こりには姿勢が大きく関係しています。最も肩こりになりやすいのは、猫背の姿勢です。頭の重心が前方に出すぎるため、肩の筋肉にかかる負担が大きくなってしまいます。姿勢を直さない限りは、しつこい肩こりに悩まされることになるでしょう。正しい姿勢とは、背中を壁につけて立ったときに、後頭部・肩甲骨・お尻が壁に触れている状態になることです。自分が猫背になっていないか確認するためにも、ぜひ試してみてください。歩くときも、背筋を伸ばしてあごを引き、腹筋に力を入れるように心がけましょう。また、サイズの合わない靴を履いていると正しい歩き方ができなくなるため、注意が必要です。

3-2.頭痛を緩和するには?

肩こりが原因で頭痛が起きてしまったときは、症状を緩和する方法を考えましょう。市販の鎮痛剤にも効果はありますが、その前にいくつか試してもらいたいことがあります。まず、タオルを濡(ぬ)らしてレンジで1分ほど加熱してください。温めたタオルを目のまわりに当てましょう。冷たいタオルと交互に当てるようにすると、血行がよくなり頭痛が緩和されます。また、血行をよくするために湯船につかるのも効果的です。ただし、あまりにも頭痛がひどいときは具合が悪くなる可能性もあるため注意してください。

3-3.整体もおすすめ

「自分でマッサージやストレッチをしても効果がない」というときは、整体に通うのもおすすめです。整体は体をトータルで見てくれるところであるため、肩こりの原因を見極めて全身のバランスを整えてくれます。肩こりの原因を根本的に解消することができるでしょう。ただし、保険が適用されないため費用がかかるということを覚えておいてください。

3-4.予防のためにやってはいけないこと

肩こりの解消・予防のためにやってはいけないことがいくつかあります。

  • 長時間にわたるスマホの操作
  • 激しすぎる運動
  • 強くマッサージする
  • 湿布で患部を冷やす

以上が、肩こりがひどいときのNG行為です。特にマッサージや湿布を貼る行為は肩こりが気になるときにやってしまいがちなので注意しましょう。湿布を貼るなら温湿布で患部を温めるようにしてください。

肩こりによる頭痛を解消するための市販薬やサプリ

肩こりによる頭痛が起きたとき、市販薬やサプリを飲んで症状を緩和する方法もあります。薬の種類や注意点をご紹介しましょう。

4-1.肩こりの薬と頭痛薬について

肩こりに効く市販薬には、飲むタイプの筋肉弛緩(しかん)剤や貼る・塗るタイプの消炎鎮痛剤があります。最も即効性があるのは筋肉弛緩(しかん)剤系の薬です。筋肉を柔らかくして肩こりをほぐす効果があります。ただし、副作用の強いものが多いため、眠気やだるさなどの症状が現れる場合もあるということを覚えておきましょう。消炎鎮痛剤は、筋肉の内側で起きている炎症をおさめる作用があります。塗ったり貼ったりできるため、ピンポイントで効き目があるというメリットがあるでしょう。ただし、肌がかぶれやすい人にはおすすめできません。一方、即効性はないものの筋肉回復の効果があるのがサプリメントです。筋肉の疲労や血行不良を改善するにはビタミンが効果的と言われています。ビタミンを含むサプリメントを継続的に飲むことで肩こりから解消されるでしょう。

4-2.注意点

薬やサプリメントを飲むことで肩こりの症状は改善します。しかし、あくまでも一時的な効果しかないということを忘れないでください。肩こりの原因となっている疾患を治療したり生活習慣を見直したりしない限り、再び肩こりに襲われることになります。薬で症状を緩和しながら、根本的な解決方法を探していきましょう。

肩こりによる頭痛にかんするよくある質問

肩こりによる頭痛に悩んでいる人が感じるであろう疑問とその回答をまとめてみました。

5-1.肩こりによってめまいが起こるのはなぜですか?

A.肩こりの原因は、首まわりの血行が悪くなることです。筋肉の緊張によって血行が悪化し、脳に十分な酸素が届かなくなることでめまいなどの症状が起こります。

5-2.仕事でデスクワークをしています。肩こりを予防するためにはどのくらい休憩をとるべきですか?

A.長時間同じ姿勢をしていると肩こりが起こりやすくなります。1~2時間に一回は立ち上がり、軽いストレッチをするなどして体を動かすようにしましょう。

5-3.どのような症状が出たら病院へ行くべきですか?

A.「左肩を中心にひどい痛みがある」「手足のしびれがある」「頭痛や吐き気、めまいがある」というときは、すぐに受診してください。肩こりの原因が重い病気である可能性も考えられます。

5-4.肩こりによる頭痛は何科を受診すればよいですか?

A.まずは整形外科で診察を受け、肩こり以外の病気の可能性がないか確認してもらいましょう。頭痛やめまいがひどい場合は神経内科、激しい頭痛は脳神経外科というように、ほかの診療科を紹介されることもあります。

5-5.女性の方が男性より肩こりが起こりやすいのはなぜですか?

A.体を支える筋力が男性に比べて弱いためです。また、女性ホルモンの変化によって自律神経が乱れることも、肩こりの原因になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。肩こりによる頭痛が発生するメカニズムや対処法をまとめて解説しました。原因が肩こりであるとわかっていても、頭痛はつらいものです。一刻も早く痛みから解放されるために、ぜひこの記事を参考にしてください。そして、肩こりを根本から解消しましょう。