口内炎の原因・予防・治療

【必見】つらい口内炎を撃退! 口内炎の原因・予防・治療を徹底解説!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

口内炎ができると、痛くてゆううつですよね。気になって、舌でつい触れてしまうと、治りが遅くなってますます悪循環になってしまいます。日常生活にも支障が出る口内炎は、できるだけ早く治してしまいたいものです。そこで、今回は口内炎の原因や、予防・治療について徹底解説します。口内炎ができやすい人や、すぐに治したい人には、特に役立つ内容ですよ。

この記事を読むことで、口内炎について正しい知識を身に付けることができます。また、原因ごとに適切な対策をすることも可能です。今すぐ辛(つら)い症状を改善したい人にも、ためになる内容となっています。できてしまった口内炎はできるだけ早く治してしまいましょう。まずは、記事を隅々まで読んでみてください。

01. 口内炎の基礎知識を学ぼう

最初に、口内炎の基礎知識を学ぶことにします。主な症状や種類についても理解しましょう。

1-1.口内炎とは

口内炎とは、口の中に起こる粘膜の炎症のことを言います。起こりやすい部分は頬の歯が当たる部分や舌です。口内炎には、痛みがあるものと無いものがあります。いずれの場合でも、原因をしっかりと突き止め適切な処置を行うことで改善が可能です。

1-2.口内炎の主な症状

口内炎になると、小さくて平たい白斑がひとつもしくは複数発生します。口内炎が起こっている部分を見ると、粘膜が白くめくれていたり赤く炎症を起こしていることが多いものです。なお、口内炎単独で発症する場合を「原発性口内炎」と呼び、何らかの病気の症状として現れる場合を「症候性口内炎」と呼びます。「原発性口内炎」は原因が単純であり、快方に向かうのも比較的早いものです。しかし、「症候性口内炎」の場合は原因となっている病気が完治するまで、発症を繰り返すこともあります。

1-3.口内炎の種類について

口内炎は原因によって、以下の種類に分類されます。

  • アフタ性口内炎:主に免疫力の低下
  • カタル性口内炎:歯が当たるなどの物理的な刺激
  • ヘルペス性口内炎:ヘルペスウィルスの感染
  • カンジダ性口内炎:カンジダ菌の感染
  • ニコチン性口内炎:喫煙が原因

口内炎は、種類別に適する治療法が異なります。まずは、医師の診断を受けて原因を突き止めましょう。