ぎっくり腰でお悩みの方必見!原因と予防方法を知り改善しよう

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

突然、ちょっとした動作がきっかけで腰に激痛が走り、歩くことも動くこともできない……「ぎっくり腰」はつらいものですよね。通常、ぎっくり腰は数日間安静にしていれば、痛みも引き歩けるようになります。けれども、忘れたころに再発することも多くやっかいな病気なのです。ぎっくり腰を繰り返さないためには、予防が大切になります。そこで、ぎっくり腰の基礎知識・原因・予防方法などをご紹介しましょう。

この記事を読んでいただければ、ぎっくり腰のお悩み解決方法がおわかりいただけます。ぜひ、お役立てください。

01. ぎっくり腰の基礎知識

ぎっくり腰の予防方法を知るためにも、まずは「ぎっくり腰とは?」という基礎知識を学びましょう。

1-1.ぎっくり腰とは

ひとくちに「腰痛」といっても、さまざまな種類があります。その中でも、一般的になじみが深いのが「ぎっくり腰」でしょう。でも、名前がメジャーな割には、「具体的な症状や原因などははっきり知らない」という人も少なくありません。

「ぎっくり腰」は通称で、正式名は「急性腰痛症」といいます。重い荷物を持ち上げようとしたときに、突然「ギクッ」となり動けなくなる……というイメージを抱いている人は多いでしょう。けれども、実はくしゃみやせきをした瞬間、落とし物を拾おうとした瞬間など、日常の何気ない動作で発症することもあるので注意してください。

1-2.ぎっくり腰の主な原因

ぎっくり腰の主な原因は、以下の2つです。

  1. 腰の筋肉に負担がかかっている状態が続いている
  2. 急激に腰に負担がかかった

具体的にはどのような状態なのかは、後の項で詳しくご紹介しましょう。

1-3.ぎっくり腰の主な症状

ぎっくり腰は、西洋では「魔女の一撃」と呼ばれるほど、腰に激しい痛みが走る症状です。痛みの状態は3つに分類できます。

  • 腰に痛みはあるけれども何とか歩ける
  • 人に支えてもらうか、壁や手すりなどで体を支えながらなら少しずつ歩ける
  • 動くのは困難で立ち上がることもできない

症状の重さにもよりますが、急性の場合、2〜3日(長い場合は1週間ほど)安静にしていれば徐々に痛みは軽くなります。

1-4.ぎっくり腰のこわい点

ぎっくり腰を「たかが腰痛だから」とあなどってはいけません。以下のような可能性もあるのです。

1-4-1.なりやすくなる

ぎっくり腰は、1回なると何度も繰り返すことが多くなります。というのも、一時的に治って痛みが消えると「元のぎっくり腰になりやすい生活に戻る」からなのです。

また、腰痛を恐れるばかりに運動をしなくなり、腰を支える筋肉がおとろえてぎっくり腰が再発しやすくなることもあります。さらに、仕事が忙しいなどの理由で無理をして働き続けると、再発するだけではなく慢性的な腰痛になることもあるのです。

1-4-2.病気が隠れている可能性も

腰の痛みを湿布や鎮痛剤などでごまかし、病院にい家内で放置している人も少なくありません。けれども、腰痛の陰には病気がひそんでいることもあるのです。

腰痛を引き起こす病気には、尿路結石・子宮内膜症・子宮がん・十二指腸潰瘍・肝炎・腎盂(じんう)腎炎・すい炎・すい臓がんなどがあります。

  • 常に腰が痛い
  • どんな姿勢をとっても痛みが軽くならない
  • 腰を丸くして安静にしていても痛みが増す
  • 腰の痛みとともに熱があったり冷や汗が出たりする
  • 下半身にしびれがある
  • 足に力が入らない
  • 排尿や排便に異常がある

上記の症状がある場合は、内科や整形外科の受診をおすすめします。