夏バテの予防・対策のポイントをご紹介

【必見】夏バテからおさらばしたい! 予防・対策のポイントをご紹介

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「夏になると体がだるくなる」「暑さで何もする気が起きない」「食欲がない」などの症状が現れたときは、夏バテの可能性があります。毎年、悩まされる方も多いのではないでしょうか。しかし、夏バテは自分しだいで、予防することができます。毎年悩まされる方は、夏バテの基礎知識や原因・予防法などの知識を身につけてください。きちんと知識を身につけておけば、対策が立てられ、夏バテに悩まされる日々から脱出できるでしょう。それでは、早速、夏バテの概要や症状・原因・予防ポイントなどについて説明します。

この記事を読むことで、夏バテの原因や予防などがわかります。毎年夏バテで困っている方、対策をしたい方はぜひチェックしてください。

01. 夏バテの基礎知識

夏バテで悩まされないためには、基礎知識を身につけることが大切です。夏バテとはどのようなものなのでしょうか。

1-1.夏バテとは

人間の体は、環境の変化に対応して体温を調節する機能があります。体温調節機能と言いますが、その調節ができなくなることで起こるのが夏バテです。気温の変化に対応できず、機能が動きにくくなります。そして、自律神経調節機能が低下して、夏バテの症状が現れるのです。つまり、夏の暑さで自律神経系に乱れが生じる症状を夏バテと言います。暑気中(しょきあた)りや暑さ負け・夏負けとも呼ばれており、夏になると体調を崩す方も多いのです。

1-2.主な症状

よく見られる症状としては、全身の倦怠(けんたい)感・思考力低下・下痢・便秘・食欲不振・睡眠不足などが挙げられます。これらの症状に加えて、頭痛や発熱・めまいなどが起こることもあるでしょう。症状が現れる時期はハッキリと決まっているわけではありませんが、7月ごろから始まります。自律神経が乱れている間は、症状が治まりません。なかなか治らずに、ずっと続く場合もあります。

1-3.なりやすい人

夏バテは、自律神経の乱れが大きく関係しています。過剰なストレスが原因となって自律神経が乱れていることがほとんどです。毎日ストレスを感じている人・周囲の目が気になる人は、夏バテになりやすい傾向があります。また、寝不足や昼夜逆転生活などの不規則な生活が続いている人・冷房が効いている部屋で仕事している人なども当てはまるでしょう。