3つの夏バテの予防対策で夏を乗り切ろう

夏バテの予防対策を知りたい! 3つのポイントで夏を乗り切ろう!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

いよいよ本格的な夏に近づいてきました。この時期、夏バテの症状を感じる方も多いのではないでしょうか? 実は、夏バテは夏本番よりも梅雨から初夏にかけて起きやすいのです。

そこで今回は、夏バテ対策について紹介します。早めに対策をとって、快適に夏を乗り切りましょう。

01. 夏バテが起こる原因は?

そもそも、夏バテが起こるのはどのようなことが原因なのでしょうか? 夏バテを引き起こす原因として代表的なものを3つ紹介しいます。

1-1.室内と外気の温度差で自律神経が乱れる?

夏バテが起こる原因としてまず考えられるのが、室温と外気温の差が大きいために起こる自律神経の乱れです。暑い屋外から冷房の効いた部屋に移動すると、急激な温度変化によって体温調節が追いつかず自律神経のバランスが崩れます。これによって自律神経の働きが悪くなり、夏バテの症状が現れるのです。

1-2.大量に汗をかくため水分不足になりやすい!

体内の水分不足も夏バテになる原因の一つです。暑い夏は、体内にこもった熱を逃がすために、汗をたくさんかきます。そのため、知らず知らずの間に脱水状態になっているのです。脱水状態になると汗や尿が出なくなり、血の流れも悪くなります。その結果、体内に老廃物が溜まり、体に不調をきたすのです。

1-3.夏になると胃腸の働きが悪くなる?

胃腸の機能が低下することも夏バテが起こる原因です。夏になると暑さをしのぐために冷たい飲み物や食べ物を食べる機会が多くなります。すると、胃腸が冷えて働きが悪くなるのです。胃腸の消化能力が下がり、夏バテの症状が現れます。