夏バテの予防対策を知りたい! 3つのポイントで夏を乗り切ろう!

月も後半に入り、いよいよ本格的な夏に近づいてきました。この時期、夏バテの症状を感じる方も多いのではないでしょうか? 実は、夏バテは夏本番よりも梅雨から初夏にかけて起きやすいのです。そこで、今回は、夏バテ対策について紹介します。早めに対策をとって、快適に夏を乗り切りましょう。

夏バテが起こる原因は?

そもそも、夏バテが起こるのはどのようなことが原因なのでしょうか? 夏バテを引き起こす原因として代表的なものを3つ紹介しいます。

1-1.室内と外気の温度差で自律神経が乱れる?

夏バテが起こる原因としてまず考えられるのが、室温と外気温の差が大きいために起こる自律神経の乱れです。暑い屋外から冷房の効いた部屋に移動すると、急激な温度変化によって体温調節が追いつかず自律神経のバランスが崩れます。これによって自律神経の働きが悪くなり、夏バテの症状が現れるのです。

1-2.大量に汗をかくため水分不足になりやすい!

体内の水分不足も夏バテになる原因の一つです。暑い夏は、体内にこもった熱を逃がすために、汗をたくさんかきます。そのため、知らず知らずの間に脱水状態になっているのです。脱水状態になると汗や尿が出なくなり、血の流れも悪くなります。その結果、体内に老廃物が溜まり、体に不調をきたすのです。

1-3.夏になると胃腸の働きが悪くなる?

胃腸の機能が低下することも夏バテが起こる原因です。夏になると暑さをしのぐために冷たい飲み物や食べ物を食べる機会が多くなります。すると、胃腸が冷えて働きが悪くなるのです。胃腸の消化能力が下がり、夏バテの症状が現れます。

夏バテの症状にはどんなものがある?

それでは、夏バテには具体的にどのような症状があるのでしょうか? 

2-1.全身にだるさや疲労感が現れる

夏バテの主な症状として現れるのが、全身のだるさや疲労感です。体がだるく疲れが取れないという症状が数日続きます。暑さが原因で睡眠不足となり、さらに疲労感が増すというケースも少なくありません。

2-2.食欲が低下し栄養不足に!

夏バテによって食欲不振になることもあります。暑さによって消化機能が落ち栄養吸収が悪くなるためです。食欲が落ちることで体に必要なエネルギーが不足し、それによって夏バテの症状がさらに悪化するという悪循環に陥ってしまいます。

2-3.夏バテから別の病気に発展することも!

夏バテによって免疫力が下がることで、別の病気にかかりやすくなります。特に多いのが、夏風邪です。喉の痛みや下痢などの症状が起こり、微熱が2~4日ほど続きます。夏バテが長期間続くような場合は注意が必要です。

夏バテを予防するために心がけるべきこと

最後に、夏バテの予防対策について紹介します。以下のことに注意することで、夏バテを未然に防ぐことができるでしょう。

3-1.こまめに水分補給をする!

夏バテを予防するために大切なのが、こまめに水分補給をすることです。ただし、暑いからといってキンキンに冷えた水を飲むのは避けてください。喉の渇きを感じる前に常温の水を飲むようにしましょう。水分をとることで、体温の上昇によって起こる疲労を抑える効果も期待できます。

3-2.エアコンのかけすぎに注意!

エアコンの効いた部屋で長時間過ごしていると、外気との温度差で自律神経のバランスが乱れ夏バテとなります。人間が対応できる温度差は5度以内です。そのため、28度前後が体への負担が少ない最適な温度になります。これでも暑いと感じる場合は、湿度を下げるだけでも体感温度を下げることが可能です。

3-3.3食きちんと食べることを心がける!

夏バテを防ぐためには3食きちんと食べることが大切です。食欲がないからといって食事を抜くと、体に必要な栄養が不足し、疲れやだるさが悪化します。毎日決まった時間にバランスの取れた食事をとるようにしましょう。タンパク質・ビタミンB1を効果的にとることで、夏バテを防ぐことができます。

まとめ

いかがでしたか?
この記事では、夏バテ対策について紹介しました。

  1. 夏バテが起こる原因は?
  2. 夏バテの症状にはどんなものがある?
  3. 夏バテを予防するために心がけるべきこと

これらのポイントを押させて、しっかりと対策をとっていきましょう。夏は汗をたくさんかくため、水分不足になりがちです。こまめな水分補給を心がけ脱水症状を起こさないように注意しましょう。また、暑いからといってエアコンを強くかけすぎないことも大切です。