汗をかく効果

汗をかく効果とは? 岩盤浴やサウナスーツで汗を出しやすい体質に!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

人は就寝中に、コップ1杯程度の汗をかくといわれています。ほかにも、運動や入浴でも自然と汗を出し、汗そのものは健康増進効果が期待できるのです。汗をかくのはいいことという概念がある一方、悪い汗もあります。

自分の汗はいいタイプ? 正しい汗のかき方ってあるの?といった疑問は、日ごろ汗をたくさんかく人ほど出てくるでしょう。汗は出て当たり前です。でも、汗について理解している人は少ないため、いい汗をかくのに必要なポイントはぜひ覚えておいてください。

今回は、汗のもたらす効果や正しい汗のかき方についてご紹介します。

この記事を読むことで、汗について深く理解でき、いい汗をたくさんかいて健康に生かすきっかけになるでしょう。健康促進に興味がある方は必読です。

01. 汗の基礎知識

汗は誰でもかきます。そもそも汗は体内の熱を発散する目的のために出るもので、体温調整機能を司(つかさど)っているのです。

1-1.汗とは? 

運動後の汗は爽やかで、気持ちがいいと感じるものです。しかし、真夏にかく汗は不快に感じる方が多いことでしょう。違いは汗の成分などにありました。

1-1-1.汗の成分

汗のほとんどは水分で、血液から出ています。水分以外に含まれている成分は、塩化ナトリウム・尿素・塩素・カルシウム・マグネシウムなどです。爽やかに感じるいい汗というのは、ミネラル類が血中に再吸収され、水分だけを放出します。さらりとした感覚を抱くのは、水分が多くて蒸発しやすいからです。

一方、悪い汗に分類されるのは、ミネラルが再吸収されずに残り、雑菌が繁殖して臭いを発生する汗で、蒸発しにくいのが特徴でしょう。

1-1-2.汗の役割

汗を出すのは、200万から500万あるとされる汗腺です。汗は体温調整機能があり、体に不要となった毒素排出の役割も担っています。汗は体の恒常機能に大きくかかわっており、汗をかきにくい人は基礎代謝能力が低下している恐れがあるため、普段から体を動かすようにしてください。

1-2.汗をかくメカニズム

汗腺はどんな人間の体にも存在します。しかし、半数は休眠状態です。汗をかきやすい人とそうではない人がいるのは、基礎代謝能力が関連しています。人間は恒温動物であるため、一定の体温を上回ると汗で体温を戻そうと働きかけ、体が危険な状態へ向かうのを阻止するのです。

たとえば、発熱で平熱以上に達してしまった場合、脳へのダメージを与えないよう、汗で発散して体温を下げようとします。体温を保つ機能を持つのが、汗をかく理由です。

1-3.汗の種類

運動でかく汗以外に、日常生活で汗をかくシーンはありますよね。冷や汗や脇汗といった、嫌な汗です。緊張・ストレス・興奮といった、感情によって汗が出ることがあります。

精神的理由がない場合にかく汗は、辛(から)いものを食べたときに出る味覚発汗です。理由もなく汗をたくさんかく人は、自律神経の乱れ・糖尿病・甲状腺疾患・膠原(こうげん)病といった病気の可能性もあります。更年期障害により、顔のほてりや発汗を訴える場合もあるでしょう。

1-4.いい汗と悪い汗

運動や興奮といった体が刺激を受けて出る汗は、いい汗です。また、風邪で発熱し、一時的に大量発汗する場合も悪い汗ではありません。前述のとおり、いい汗はさらさらとしており、皮膚の表面にべたつきを残さない汗です。

悪い汗は、病気が原因となっています。前項でご紹介した病気の可能性もあり、多汗症と呼ばれる大量に汗をかく病気もあるでしょう。多汗症は特別なことをしていないにもかかわらず、常に汗をかく人のことです。交感神経の働きが過剰になっていることが原因で、不安症やストレスによるものだとされています。