骨盤の歪みを放置すると危険! 気になる症状や矯正法を紹介

骨盤の歪みを放置すると危険! 気になる症状や矯正法を紹介!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

肩こりや腰痛といった体の不調を感じている場合、もしかしたら骨盤の歪みが原因かもしれません。
骨盤が歪んでいるといわれてもピンとこないかもしれませんが、骨盤が歪んでしまうとさまざまな不調につながってしまうので注意が必要です。

そこで、骨盤が歪む原因や予防法、矯正法についてご紹介します。
もし、今回紹介する内容をチェックしたところ、骨盤が歪んでいるようだということであれば、早めに歪みを矯正し、健康的な体を手に入れましょう。

01. 骨盤が歪むとは?

1-1.どのような状態?

そもそも骨盤が歪んでしまうとはどのような状態かというと、骨盤を支える靭帯(じんたい)や関節、筋肉が歪んだり、骨が傾いてしまう状態のことをいいます。
女性に多い症状なのですが、男性であれば骨盤が歪まないというわけではありません。
しかも、男性は骨盤が歪んでしまった場合に女性よりも重い症状が現れやすいと言われているので注意が必要です。

1-2.骨盤に歪みが発生する原因

では、なぜ骨盤が歪んでしまうのでしょうか?
大きな原因は、日常生活の中で左右のバランスが偏っていることにあります。

例えば、肩にバッグをかける際にはいつも同じ側にかけている、足を組んで座るクセがある、背中が丸まって猫背になっている、いつも同じ方を向いて寝たりうつ伏せで寝るといったクセはないでしょうか。

どれかひとつでも当てはまる場合、体のバランスが左右で違い、それが原因で骨盤に歪みが発生している可能性があります。

また、女性の場合は出産も骨盤が歪む大きな原因です。
出産をする際には赤ちゃんが通りやすいように骨盤が開くのですが、産後に骨盤が元の形に戻らず、歪みとして残ってしまう人もいます。

1-3.骨盤の歪みが原因で現れる症状

骨盤の歪みが発生するとさまざまな不調が現れるのですが、まず挙げられるのが肩こりや頭痛、腰痛といった症状です。

骨盤が歪んでしまうとバランスを取るために背骨が歪み、全身の筋肉バランスが偏ってしまいます。
これが、新陳代謝の低下を招くので注意しましょう。

新陳代謝が悪くなると病気につながりやすくなるだけでなく、慢性的な肩こりや頭痛、腰痛、股関節の痛みなどの症状も現れるのです。

また、下半身太りにもなりやすいので、上半身はそれほど太っているわけではないもののウエストや足が太いという人は、骨盤の歪みを疑ってみましょう。
骨盤の歪みを解消することでダイエット効果も得られます。

他に生理痛、不妊、生理不順も骨盤の歪みが原因で発生する症状なので、女性は特に気を付けなければなりません。

1-4.骨盤歪みチェック

自分で簡単にできる骨盤歪みチェックがあります。

まず、仰向けになって両足のかかとを付け、全身の力を抜きましょう。
この時、両足のつま先が80~90度くらいに開いているようであればいいのですが、開きすぎてしまったり、閉じたままという場合には骨盤が歪んでいる可能性があります。
それから、左右で足の開き方が違うという場合も骨盤が歪んでいる可能性があるので、左右で足の開き方が同じになるように矯正しましょう。

もうひとつの骨盤歪みチェック法が、鏡の前に立って体の左右で高さに違いがないか確認するというものです。
左右で肩や腰の高さに違いがある場合、骨盤が歪んでいる可能性があります。