膝の痛みの危険な症状

膝の痛みの危険な症状とは!? 膝が痛む主な原因3つ

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

年を取るにつれて運動をするとひざが痛むようになったと感じる方は多いと思います。膝は加齢によって痛みが出てくる場所のひとつ。「年には勝てない」と諦めて痛みを我慢している方もいるでしょうが、病気が原因ということもあるのです。

そこで今回は、ひざが痛む主な原因を3つご紹介しましょう。膝の痛みに悩まされている方の参考になれば幸いです。

01. 膝に痛みが
起こりやすい理由

膝の痛みの原因をご紹介する前に、なぜ膝は痛むのか、その理由を少しご紹介しましょう。膝は体重を支え、足の動きをコントロールする膝は人体の中で最も負担がかかる場所のひとつ。膝は骨・軟骨・筋肉・靭帯といったもので構成されていますが、それらは酷使すればするほど傷んでくるのです。

体には自己修復機能がありますが、年と共に衰えてきますし、若くても膝に負担をかけすぎると痛み具合が自己修復機能を上回ってしまう場合があります。つまり、スポーツや激しい労働などで膝を酷使していた人や、肥満などで膝に過度な負担をかけている人は膝の痛みが起こりやすいのです。