テニス肘の症状と原因と自宅でできる効果的な治し方

テニス肘の症状と原因は? 自宅でできる効果的な治し方

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

テニス肘というと、テニスをする人特有の症状と考えがちですが、実はそうではありません。テニスラケットを握ったことのない中年の方にも多く見られる症状なのです。そこで、この記事では、テニス肘の症状や原因・治し方について解説していきます。肘の痛みがなかなか消えないとお悩みの方は、この記事を参考にして痛みに対処していきましょう。

01. テニス肘とはどのような症状?

テニス肘とは、肘周辺の筋肉や腱の炎症によって痛みが起こる症状のことです。テニスなど、ラケットを使ったスポーツをする人に多く見られることからテニス肘と呼ばれています。テニス肘には2種類あり、1つが肘の外側が痛む「上腕骨外上顆炎(バックハンドテニス肘)」、もう1つが肘の内側が痛む「上腕骨内上顆炎(フォアハンドテニス肘)」です。