スマホの普及で急増中の肩こりを予防する3つのポイント

スマホの普及で肩こりが急増! 肩こりを予防する3つのポイント

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

現在、国民の半数以上がスマホを所有しており、今や生活する上で欠かせないアイテムとなっています。しかし、その一方で、スマホ操作による肩こりで悩む方が増えているのです。

そこで今回は、スマホが原因で起こる肩こりの予防方法・対処方法を紹介していきます。この記事を読むことで、つらい肩こりから解放され、快適なスマホライフを送ることができるでしょう。

01. スマホの普及で
肩こりが増えている理由は?

普段何気なく使っているスマホですが、実は肩こりを引き起こすさまざまな要因を含んでいます。具体的にどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

1-1.操作中の姿勢が肩こりを招く!

スマホを操作している時、頭が下がりうつむいた姿勢になっていませんか? このような姿勢を長時間続けていると、首の後ろから肩にかけての筋肉がこわばり血流が悪くなります。これが原因となって、肩こりの症状が現れるのです。

1-2.ストレートネックになっていませんか?

今、社会的に問題となっているのが長時間のスマホ操作によるストレートネックです。ストレートネックとは頚椎の自然な湾曲が失われる症状のことを言います。首が真っ直ぐになることで、本来バネのように分散していた負荷が全て首や肩にかかり、肩こりが引き起こされるのです。
ストレートネックの対策方法については、「肩こりや頭痛の原因! ストレートネックを改善させる3つの方法」で詳しく解説しています。こちらも合わせてご覧ください。

1-3.目の疲れが肩こりの原因に?

長時間スマホの画面を見ることによる眼精疲労も肩こりの原因になります。スマホは小さい画面で小さい文字を読む必要があり、目にかかる負担は想像以上です。これによって、目の周りの肩につながる筋肉が疲労状態となり、肩こりが起こります。