スマホの普及で肩こりが急増! 肩こりを予防する3つのポイント

現在、国民の半数以上がスマホを所有しており、今や生活する上で欠かせないアイテムとなっています。しかし、その一方で、スマホ操作による肩こりで悩む方が増えているのです。そこで、今回は、スマホが原因で起こる肩こりの予防方法・対処方法を紹介していきます。この記事を読むことで、つらい肩こりから解放され、快適なスマホライフを送ることができるでしょう。

スマホの普及で肩こりが増えている理由は?

普段何気なく使っているスマホですが、実は肩こりを引き起こすさまざまな要因を含んでいます。具体的にどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

1-1.操作中の姿勢が肩こりを招く!

スマホを操作している時、頭が下がりうつむいた姿勢になっていませんか? このような姿勢を長時間続けていると、首の後ろから肩にかけての筋肉がこわばり血流が悪くなります。これが原因となって、肩こりの症状が現れるのです。

1-2.ストレートネックになっていませんか?

今、社会的に問題となっているのが長時間のスマホ操作によるストレートネックです。ストレートネックとは頚椎の自然な湾曲が失われる症状のことを言います。首が真っ直ぐになることで、本来バネのように分散していた負荷が全て首や肩にかかり、肩こりが引き起こされるのです。
ストレートネックの対策方法については、「肩こりや頭痛の原因! ストレートネックを改善させる3つの方法」で詳しく解説しています。こちらも合わせてご覧ください。

1-3.目の疲れが肩こりの原因に?

長時間スマホの画面を見ることによる眼精疲労も肩こりの原因になります。スマホは小さい画面で小さい文字を読む必要があり、目にかかる負担は想像以上です。これによって、目の周りの肩につながる筋肉が疲労状態となり、肩こりが起こります。

肩こりにならない正しいスマホの使い方とは?

スマホによる肩こりを予防するためには、日頃の使い方を改めることが大切です。肩こりを予防するために押さえておくべきポイントを紹介します。

2-1.目線の高さまで上げて使用する!

スマホを操作する時は、うつむいた姿勢にならないように目線の位置まで上げて構えるようにしましょう。これだけで、肩や首にかかる負担を大幅に抑えることができます。ただし、画面と顔が近づきすぎないように注意してください。

2-2 .電車やバスなど、揺れている状況では操作しない!

電車やバスなど、動いている状況でのスマホの操作は控えるようにしましょう。振動で揺れる画面の中にある文字を追うという動作は、意識していなくても目に大きな負担がかかり、これが肩こりにつながります。どうしてもスマホを見たい時は、停車時にチェックするようにしてください。

2-3.長時間の使用は避ける!

肩こりを防ぐためには、長時間の使用を避けるというのが一番です。同じ姿勢をとり続けていると血行不良が起こり、肩こりの原因となります。最低でも1時間に10分は休憩をとり、適度に体を動かすようにしましょう。

知らなきゃ損! スマホによる肩こりを和らげる方法

スマホ操作による肩こりを和らげるために役立つストレッチをいくつか紹介します。肩こりがつらいと感じている方はぜひ試してみてください。

3-1.肩甲骨のストレッチ

  1. 肩甲骨の間の筋肉を伸ばすように胸を開きます。
  2. 息を吐きながら首を後ろに反らせます。

※これを5回程度繰り返します。

3-2.背中のストレッチ

  1. イスに座ったまま両手を上にあげます。
  2. 息を吐きながら腕を後ろに倒し、背中を反らせます。

※これを5回程度繰り返します。

3-3.腰のストレッチ

  1. うつ伏せになり、胸の横に手を置きます。
  2. 肘を伸ばしながら、腰を反らせていきます。(腰に痛みがある場合は無理に肘を伸ばしきる必要はありません)

※これを5回程度繰り返します。

3-4.タオルを使ったストレッチ

肩こりを解消するには、タオルを使ったストレッチも効果的です。「ネットで話題! タオル1枚で簡単にできる肩こり解消法 5選」の中で、5つのストレッチ方法を動画と共に紹介しています。

まとめ

いかがでしたか?
今回の記事では、スマホが原因で起こる肩こりの予防方法・対処方法を紹介しました。

  1. スマホの普及で肩こりが増えている理由は?
  2. 肩こりにならない正しいスマホの使い方とは?
  3. 知らなきゃ損! スマホによる肩こりを和らげる方法

これらのことを知っておくことで、スマホ操作による肩こりを防ぐことができます。まずは、日頃スマホを操作する時の姿勢を改めて、肩や首に負担がかからないように注意しましょう。