背中の張りを改善するために知っておくべき3つの原因

背中の張りに悩む人必見!改善するために知っておくべき3つの原因

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

背中に張りがあると、動くのがきつく、気もめいりますよね。仕事の効率にも影響してしまうことも。背中の張りが起こる原因は、単なる筋肉疲労以外にもさまざまなものがあるってしっていましたか。ここでは背中の張りが起こる原因と解消法をご紹介いたします。

以下の3項目を読むことで、背中の張りが起こる原因が分かるでしょう。解消法をぜひ試してみてください。

背中の張り、原因の
一つは筋肉疲労

一番多いのがこれでしょう。その種類について解説します。

1-1.運動不足の人が運動をすることによる筋肉疲労

運動を普段しない人や若い頃から運動をしていない人は、背中の筋力が弱っています。そういう人が、前かがみになったりものを持ち上げたりなど、少しの運動をすることにより、背中の筋肉に負荷がかかって起こるのが、いわゆる筋肉痛。運動部に入ったことがない人は要注意です。背中の筋力が少ない人も、姿勢を保つだけで背中の筋肉が疲れて筋肉痛になるでしょう。それで、背中が張った感じがすることもあります。

また、首や肩、腰回りの筋力不足は、その筋力をカバーするために背中の筋肉を使うため、背中の筋力が痛みやすくなり、それで張りを感じることもあるでしょう。

これらの症状には、筋力をつけるような運動をすることが解消に役立ちます。血行が良くなる効果もあり、背中の張り予防に良いでしょう。運動を行う場合は、症状が落ち着いてから、軽いものからはじめ、少しずつ継続して行うことが大事です。

1-2.同じ姿勢をすることや姿勢の悪さによる筋肉疲労

デスクワークなどで、同じ姿勢をし続けることで、筋肉の緊張が続くこと、また血行が悪くなることにより、背中の張りを感じることがあります。特に、姿勢が悪いと、背中に余計な負荷がかかり、背中のコリが生じてしまうこともあるでしょう。

この場合は、デスクワークの合間に軽いストレッチをする、同じ姿勢をとり続けないなどの対策がこうを奏します。

1-3.腰痛や肩こりからくる筋肉疲労

デスクワークなどで生じた背中の張りは、肩こりからくることもあります。首から背中の上部にかけて痛いときは、この原因が疑われるでしょう。また、腰痛持ちの人は、無意識に腰をかばうような動作をすることが多く、それで背中に負担がかかり背中の張りが生じることがあります。これらを原因とする背中の張りは、肩こりや腰痛を改善することで、良くなるでしょう。

骨のずれやゆがみによる
背中の張り

骨があるべき位置からずれていることや、背骨・骨盤などがゆがんでいることによっても、背中の張りは起こるでしょう。たとえば、骨盤がゆがんでいると、腰をしっかりと伸ばせないことで、背中の筋肉に負荷がかかります。それで背中の張りが生じてしまうことがあるでしょう。背骨がゆがんでいることでも、同じように背中の筋肉に負担がかかり、背中の張りが生じることがあります。

このようなことが原因であれば、整骨院に行って施術を受け、骨盤のゆがみや背骨のゆがみをなおしてもらうことで、改善につながるでしょう。

内臓疾患が背中の張りの
原因になることも

意外に思われるかもしれませんが、内臓の疾患が背中の張りを引き起こしていることもあるのです。

3-1.背中の張りの原因になる「関連痛」って何?

「関連痛」とは、たとえば、アイスクリームを食べたときになるこめかみの「キーン」とした痛みがその典型としてあげられます。アイスクリームを食べるとこめかみが痛くなるのは、アイスクリームの冷たさがのどの奥を刺激し、それにより顔の痛みの原因を支配している三叉神経が活動しはじめるためです。

背中の張りもそれと同じで、呼吸器系から循環器系、消化器系などさまざまな臓器の疾患の痛みを、脳が背中が痛いと勘違いすることが原因で起こるものがたくさんあります。その場合、原因となる疾患を治療することで、背中の張りは良くなるでしょう。

3-2.背中の関連痛の具体例

呼吸器系では、風邪やインフルエンザ、胸膜炎、肺炎があります。何だか背中が張る、痛みを感じると思っていたら、風邪だったということがあるでしょう。循環器系では、狭心症・心筋こう塞などがあります。背中の張り以外に、みぞおちから左胸周辺に胸の痛みがある場合、胸の中心からのど、または左肩、左腕に圧迫痛があるなどの症状がある場合は、狭心症・心筋こう塞などを疑ってください。

また、腎臓系の病気の可能性もあります。じんう炎やじんう腎炎などの場合、背中の張り以外に、高熱・悪寒・ふるえ・腰痛・わき腹の鈍痛・頻尿などがある場合、急性じんう腎炎の可能性があるでしょう。全身のだるさ・吐き気・微熱・食欲不振・腰痛・頭痛などが伴う場合、慢性じんう腎炎の場合もあります。また、血尿や、わき腹・腰・下腹部などに激痛がある場合は、腎結石の可能性も。この場合は激痛を伴うことが多いでしょう。さらに、血尿は腎臓がんの場合もあるため、注意が必要です。

消化器系の場合、食道炎や逆流性食道炎・胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃がん・肝炎・すい炎・すいぞうがん・たんのう炎・胆石症・たんのうがん・胆管がんなどの場合も。

子宮筋腫や子宮内膜症、子宮がんや子宮けいがんなどの可能性も否定できないので、不正出血などがある場合は、注意が必要でしょう。

このように、背中の関連痛はさまざまな原因のものがあるため、原因不明の背中の張りがあり、ほかに気になる症状がある場合は、受診することが大事。原因となる臓器の病気がなおれば、背中の張りもなおっていくことでしょう。背中の張りが、臓器の病気を知らせてくれる場合もあることを考えると、単なる筋肉痛とは考えにくい場合は、ほかの病気を疑ってかかることが大事です。

背中の張り
まとめ

いかがでしたか? 背中の張りの原因・その解消法を紹介しました。

  1. 背中の張りが起こる原因の一つは、筋肉疲労
  2. 骨のずれやゆがみによっても背中の張りは引き起こされる
  3. 内臓疾患が背中の張りが起こる原因になることも

以上のことを押さえておけば、背中の張りの解消を目指せるだけでなく、ほかの病気も見つけることができるかもしれません。正しい対処をするために、ぜひ参考にしてみてください。