背中の張りを改善するために知っておくべき3つの原因

背中の張りに悩む人必見!改善するために知っておくべき3つの原因

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

背中に張りがあると、動くのがきつく、気もめいりますよね。仕事の効率にも影響してしまうことも。背中の張りが起こる原因は、単なる筋肉疲労以外にもさまざまなものがあるってしっていましたか。ここでは背中の張りが起こる原因と解消法をご紹介いたします。

以下の3項目を読むことで、背中の張りが起こる原因が分かるでしょう。解消法をぜひ試してみてください。

01. 背中の張り、原因の
一つは筋肉疲労

一番多いのがこれでしょう。その種類について解説します。

1-1.運動不足の人が運動をすることによる筋肉疲労

運動を普段しない人や若い頃から運動をしていない人は、背中の筋力が弱っています。そういう人が、前かがみになったりものを持ち上げたりなど、少しの運動をすることにより、背中の筋肉に負荷がかかって起こるのが、いわゆる筋肉痛。運動部に入ったことがない人は要注意です。背中の筋力が少ない人も、姿勢を保つだけで背中の筋肉が疲れて筋肉痛になるでしょう。それで、背中が張った感じがすることもあります。

また、首や肩、腰回りの筋力不足は、その筋力をカバーするために背中の筋肉を使うため、背中の筋力が痛みやすくなり、それで張りを感じることもあるでしょう。

これらの症状には、筋力をつけるような運動をすることが解消に役立ちます。血行が良くなる効果もあり、背中の張り予防に良いでしょう。運動を行う場合は、症状が落ち着いてから、軽いものからはじめ、少しずつ継続して行うことが大事です。

1-2.同じ姿勢をすることや姿勢の悪さによる筋肉疲労

デスクワークなどで、同じ姿勢をし続けることで、筋肉の緊張が続くこと、また血行が悪くなることにより、背中の張りを感じることがあります。特に、姿勢が悪いと、背中に余計な負荷がかかり、背中のコリが生じてしまうこともあるでしょう。

この場合は、デスクワークの合間に軽いストレッチをする、同じ姿勢をとり続けないなどの対策がこうを奏します。

1-3.腰痛や肩こりからくる筋肉疲労

デスクワークなどで生じた背中の張りは、肩こりからくることもあります。首から背中の上部にかけて痛いときは、この原因が疑われるでしょう。また、腰痛持ちの人は、無意識に腰をかばうような動作をすることが多く、それで背中に負担がかかり背中の張りが生じることがあります。これらを原因とする背中の張りは、肩こりや腰痛を改善することで、良くなるでしょう。