喉に違和感や異物感を覚える原因

喉に違和感や異物感を覚える原因は?対処法・予防方法を紹介!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「喉に違和感や異物感を覚え、ずっと気になっている」「喉にひっかかりを感じ、咳をしたりうがいをしたりしても治まらない」そんな方はいませんか? 喉の違和感は風邪のひきはじめによくあらわれる症状ですが、軽く見てはダメです。重篤な病気でも、喉の違和感が初期症状というケースがあります。そこで、今回は喉の違和感や異物感を覚える原因や対処法をご紹介しましょう。

喉に違和感を覚える原因をいくつか知っていれば、いざという時に早めに対処できます。喉の違和感や異物感が気になっているという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

喉に違和感を覚える原因は?

はじめに、喉に違和感を覚える原因や症状をご紹介します。なぜ、喉に違和感を覚えるのでしょうか?

1-1.喉に覚える違和感や異物感の症状とは?

喉に覚える違和感は、人によって異なります。
その中でも、

  • 何かがつかえたような感じがする。
  • 魚の骨が刺さっているような感じがする
  • 喉が狭くなったような感じがする
  • 飲食したりつばを飲み込んだりするたびにひっかかりを感じる

このようなものが代表的な症状です。これに併せて、「痰が絡みやすくなった」「息苦しい」「咳が止まらない」といった症状が出る方もいます。

1-2.喉の違和感を覚える原因その1 病気

喉の違和感を覚える原因で最も多いのが、風邪症候群をはじめとする感染症や喉や鼻の炎症です。風邪をひくと気道が腫れたり炎症を起こすことも珍しくありません。また、扁桃腺炎になると喉の入り口にある扁桃腺がひどく腫れて痛みますし、鼻の病気の場合は鼻水が喉の方に流れ込んで異物感を覚えることもあります。

1-3.喉の違和感を覚える原因その2 ストレス

病気以外では、ストレスが原因で喉に違和感を覚える方も珍しくありません。これは、ヒステリー球や咽喉頭神経症(いんこうとうしんけいしょう)と呼ばれる症状です。強いストレスを感じると、自律神経が乱れます。すると、日中に活発になる交感神経というものが誤作動を起こし、喉に違和感を覚えるのです。

1-4.喉の違和感を覚えやすい人その1 体質や病気

扁桃腺が生まれつき肥大している方は、扁桃腺炎を発症しやすく喉に違和感を覚えやすいでしょう。また、ホコリっぽい場所など空気の悪い空間で長期間過ごす方や喫煙者も喉にトラブルが起こりやすいのです。アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎を発症している方も要注意。鼻水が喉の奥に流れ込む後鼻漏が起きると、喉に違和感を覚える原因になります。

1-5.喉の違和感を覚えやすい人その2 喫煙者や声をよく使う人

アナウンサーなど声をよく使う人は喉にポリープができやすくなり、それが違和感の原因になることもあるでしょう。喫煙者は、気道にトラブルを抱えるリスクが非喫煙者よりも格段にアップします。ですから、喉に違和感を覚える方も多いのです。

喉の違和感が症状として現れる要注意な病気

風邪や扁桃腺炎・ポリープなどは治療をすれば比較的早く治る病気ですが、中には命にかかわる病気であったり完治に時間がかったりする病気もあります。この項では、喉の違和感が症状として現れる要注意な病気をご紹介しましょう。

2-1.甲状腺の異常による病気

橋本病やバセドウ病のように甲状腺の異常で発症する病気は、喉に違和感を覚えることがあります。甲状腺は喉仏のすぐ下にある蝶のような形をした器官です。女性の方が甲状腺に異常が起きやすく、喉の違和感の他には疲れやすさを感じたりイライラすることが多くなったりします。

2-2.悪性腫瘍

咽頭ガンなど、喉に悪性腫瘍ができると初期症状として喉の違和感を覚えることが多いのです。
咽頭ガンは進行するまで痛みもないため、気がついたときには重篤な状態になっていることも珍しくありません。喫煙者は、非喫煙者よりも咽頭ガンを発症する確率が高いのです。

2-3.ストレスが原因の病気

前述したヒステリー球の他、呑気症や逆流性胃炎もストレスが原因で発症しやすい病気です。呑気症というのは多量の空気を体内に取り込んでしまう病気で、喉の違和感の他にはげっぷが出やすかったりおなかが張りやすくなったりします。逆流性胃炎は、胃酸が胃から逆流してくる病気です。胃酸は強力な酸性の液体ですから、何度も逆流すれば食道や喉の粘膜を傷つけてしまいます。これが違和感の原因になる可能性もあるのです。

2-4.喉の違和感を放置するとどうなるの?

喉に違和感を覚える病気の多くが、自然治癒が難しいものです。咽頭ガンは放置しておけば命にかかわります。その他の病気でも、喉の違和感以外にも症状が現れて日常生活に支障が出る可能性が高いのです。喉の違和感が2週間以上たっても消えない場合は、念のために耳鼻咽喉科を受診しましょう。

喉の違和感をセルフチェックする方法

喉の違和感を覚えたら、いつ・どのような違和感を覚えたかをチェックしましょう。何をしなくても違和感を覚え続けるのか、飲食をした時だけ違和感を覚えるのかなどをチェックしておくと、医師にも状態を伝えやすいのです。また、今まで違和感を覚えたことがない人が、急に喉に違和感を覚えるようになった場合は要注意。1週間程度観察して状態が変わらないようでしたら、耳鼻咽喉科を受診しましょう。

喉の違和感を取る方法

この項では、喉の違和感を取る方法をご紹介しましょう。ぜひ参考にしてくださいね。

4-1.保湿に気を配る

乾燥しすぎていると、喉の粘膜が渇いて違和感が強くなることがあります。ですから、部屋の湿度は60%前後に保ちましょう。外出するときはマスクをして行くと効果的です。どうしても保湿できない時は、あめをなめたりガムをかんだりするとよいでしょう。

4-2.部屋を清潔にする

ホコリっぽい部屋では喉の違和感も覚えやすくなります。特に冬は厚着をしたり寝具をたくさん使ったりするので、部屋が繊維によってほこりっぽくなりやすいのです。掃除をこまめにして、ホコリをためすぎないようにしましょう。

4-3.リラックスを心がける

常に緊張しているとストレスも感じやすく、ヒステリー球が起こりやすくなります。自分なりのリラックス法やストレス解消法を考えましょう。一人になれる時間や何もしない時間も大切です。

4-4.刺激物を食べすぎたり大声を出したりしない

香辛料や強い炭酸などは、喉の粘膜に刺激的すぎます。喉に違和感を覚えている場合は、香辛料を多用した料理を食べたり過度な飲酒をしたりするのは控えましょう。また、大声を出すのも喉にはよくありません。これから忘年会シーズンになるので、カラオケに行く機会も多くなるでしょう。しかし、喉から声を絞り出すように歌うと喉に負担がかかります。カラオケに行く場合は禁煙ルームを選び、喉に負担をかけないように注意してください。

病院へ行ったほうがよいケースとは?

この項では、病院を受診した方がよい症状や治療法などをご紹介しましょう。できるだけ早く病院を受診した方がよいのは、どのようなケースでしょうか?

5-1.病院を受診した方がよい場合とは?

  • 喉の違和感が2週間以上続いて改善しない
  • 喉の違和感の他にも不調が出てきた
  • 違和感に加えて食事が取れなくなってきた
  • 喉の痛みが出てきた

このような場合は病院を受診しましょう。診療する科は、耳鼻咽喉科です。

5-2.どのような検査や治療が行われるのか?

喉に違和感を覚える場合は、目視による診察やレントゲン撮影が行われます。甲状腺の異常が歌われる場合は、血液検査も行われることもあるでしょう。耳鼻咽喉科以外で治療を行ったほうがよい場合は、紹介状を書いてもらえます。耳鼻咽喉科では、ポリープや鼻炎・咽頭ガンなどの治療が行われるのです。投薬が行われることもありますし、手術でポリープやガンを取り除くこともあります。

よくある質問

Q.喉の違和感だけ覚える場合も病院を受診した方がよいのでしょうか?

A.ポリープやガンの初期は発熱などの明らかに病気というような症状は表れにくいのです。違和感が続くようなら病院を受診しましょう。

Q.喫煙者はやはり禁煙した方がよいのでしょうか?

A.禁煙をすると喉の病気にかかる可能性は低くなります。一人では難しいようでしたら、禁煙外来を受診してみましょう。

Q.病院へ行ったら異常なしを言われました。でも、苦しい場合はどうしたらよいのでしょうか?

A.精神的な病気で喉の違和感を覚える場合もあります。心療内科や精神科を受診してみましょう。

Q.喉の手術をすると声はどうなるのですか?

A.ポリープならば声帯にほとんど影響はありません。ただし、咽頭ガンの場合は、進行具合によっては声帯を切除して人工声帯を用いて声を出すようになるケースもあります。

Q.耳鼻咽喉科以外では喉の違和感の治療は受けられないのでしょうか?

A.原因によって異なります。甲状腺の異常で違和感を覚える場合は、循環器科などを受診してください。

おわりに

いかがでしたか? 今回は喉の違和感の原因や対処法をご紹介しました。喉に違和感を覚えることは珍しいことではありません。しかし、2週間以上違和感が治まらない場合は病院を受診した方がよいでしょう。たとえ咽頭ガンでも、早期発見すれば治療方法もいろいろと選べます。