喉の炎症がつらい人必見! 押さえる方法や効果的な治療法とは?

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

これから季節が冬に向かうにつれ、喉が痛い・声が出しにくい・声がかすれるといった症状に悩まされる人が増えてきます。喉の違和感や痛み、声のかすれなどの主な原因は喉の炎症です。風邪をひいても喉の炎症が起こりますし、もっと重大な病気の症状として、喉の炎症が起こることもあります。また、喉の炎症が起こるとつらいので、早く治したいという人も多いでしょう。
そこで、今回喉に炎症が起きる理由や対処方法を解説します。

この記事を読めば、喉の炎症を抑える方法もバッチリです。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 喉の炎症に関する基礎知識

はじめに、喉が炎症を起こす理由や症状などを解説します。どのような原因で炎症が起こるのでしょうか?

1-1.喉のメカニズム

喉は、口と鼻の奥から声帯、食道までの部位を指します。口と喉の境目には扁桃腺(へんとうせん)があり、鼻と喉の境目には咽頭扁桃(アデノイド)と呼ばれる部位があり、よく炎症を起こす場所です。
喉は、粘膜と筋肉から構成されており、粘膜には空気と共に入ってきた細菌やウィルスをからめとる役目もあります。

1-2.なぜ、喉の炎症が起こるのか?

前述のとおり、喉には粘膜があり、細菌やウィルスをからめとってくれます。また、扁桃腺や咽頭扁桃はリンパ腺の塊で、鼻や口の奥で、同じように細菌・ウィルスの侵入をブロックしているのです。そのため、喉の粘膜や扁桃腺・咽頭扁桃はウィルス・細菌に感染しやすく、炎症を発症することも珍しくありません。特に、空気が乾燥している冬は粘膜も乾燥しやすく、細菌・ウィルスが繁殖しやすくなります。

また、声帯は筋肉からできているので、酷使しすぎると炎症を起こすこともあるでしょう。筋肉痛のようなものです。特に、大声を無理に出すと喉の筋肉に負担がかかりやすくなり、炎症が発症します。

1-3.ポリープやガンによる炎症

喉は、ポリープやガンができる部位でもあります。これらができると、症状として炎症が起こることもあるでしょう。細菌やウィルス・喉の酷使などとの違いは、適切な治療をしないと治らないということです。また、声のカスレや咳などの症状が同時に出ることもあります。

1-4.炎症が起こるとどうなるの?

喉に炎症が起きると、痛み・違和感・声のカスレなどの症状が出ます。細菌やウィルスに感染して炎症が起きている場合は、咽頭炎・扁桃炎などと診断されることもあるでしょう。また、炎症の結果、扁桃の周囲に膿がたまる扁桃周囲膿瘍(へんとうしゅいのうよう)などを発症することもあります。特に、扁桃炎や咽頭炎を発症すると高熱が出ることも珍しくなく、適切な治療が必要です。
一方、筋肉の酷使による炎症の場合は、痛みや声のカスレが症状として現れますが、数日間安静にしていれば自然に回復することが多いでしょう。ただ、痛みがひどい場合は一度耳鼻咽喉科を受診しましょう。

1-5.喉の炎症を起こしやすい人とは?

喉の炎症は、性別や年齢に関係なく起こります。しかし、以下のような人は、特に炎症を起こしやすいでしょう。

  • 口呼吸をしている(喉の粘膜が乾燥しやすいため)
  • 子どもの頃から扁桃炎をくり返している
  • 扁桃腺や咽頭扁桃が大きい(炎症を起こしやすい傾向がある)
  • 喫煙をしている
  • 大声をよく出す
  • ホコリっぽい場所、喫煙者が多くいる場所で長時間過ごしている
  • 飲酒をすることが多い