喉の腫れは病気? 原因・治療法・セルフ療法を一挙ご紹介!

喉の腫れは病気? 原因・治療法・セルフ療法を一挙ご紹介!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

喉が腫れていると、上手に呼吸ができなかったり、食べものを口にするときに痛みがあったりと、日常生活で支障が出てきてしまいます。最悪な状態になれば、喉の腫れから感染症にかかってしまうこともあるのです。慢性化する前に、できるだけ早く対策を立てておかなければなりません。しかし、どうすれば改善できるのか、症状がやわらぐのか悩むものです。そこで、本記事では、喉の腫れでよく見られる症状・原因・考えられる病気・治療法やセルフ療法などについて詳しく説明します。

この記事を読むことで、喉の腫れを抑えるために必要な情報や正しい治療法を知ることができます。悩んでいる方や症状について詳しく知りたい方はぜひチェックしてください。

01. 喉の腫れについて

喉の腫れを改善するためには、症状・なりやすい人など基本知識を身につけることが大切です。一体、どのような症状が見られるのか、詳しく説明します。自分に起きている症状と比べながら、ぜひチェックしてください。

1-1.主な症状

喉が腫れたときは、さまざまな症状が体に表れてきます。事前に、どのような症状か把握しておけば、悪化しないうちに対策が立てられるでしょう。代表的な症状としては、痛み・赤み・熱・声の枯れ・リンパの腫れなどが挙げられます。また、いつもよりも体のだるさが出てくるでしょう。普段とは異なる症状が現れるため、気づきやすいのも特徴です。しかし、喉の腫れやそれに伴う症状の中には、喉の病気が関係しているものもあります。

1-2.なりやすい人

「昔からすぐに喉が腫れやすくて困る」など、悩んでいる方は多いことでしょう。喉が腫れやすい人は、粘膜が弱りやすい傾向があります。一般的に、喉はさまざまな菌から守るための粘膜でおおわれているのです。粘膜が薄まると、菌に感染しやすく、腫れを起こす恐れがあります。もともと、喉の粘膜が弱い方もいますが、ほとんどは生活習慣の不規則やストレスが関係しているのです。喉の腫れを起こしやすい人は、過度なストレスや不規則な生活習慣を送っている方といえます。