背中の張りやコリでお悩みの方

背中の張りやコリでお悩みの方を必見!! 原因や痛み・こわばりを取る方法を解説!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

背中の張りや背中がこわばるような不快感に悩まされている方は少なくありません。場合によっては座ることさえつらい人もいるでしょう。背中の張りを放置しておくと、腰痛などの原因になったりするのです。

そこで今回は、背中の張りの原因と解消法をご紹介します。また、自分でできる背中の筋肉の鍛え方などもご紹介しましょう。

背中の張りが気になっているという方や背中がこわばって仕方がないという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

01. 背中が張るとは
どういうこと?

背中は、背骨やろっ骨が筋肉でおおわれた場所です。ものを持ち上げたり何かを背負ったりするときには、背中の筋肉である「背筋」が使われます。また、背筋をピンと張るには背中の筋肉の力が不可欠なのです。

このように、背中に負荷がかかりすぎたり緊張状態が続いたりすると、背中も肩と同じように筋肉がこわばってこりが起こります。ただし、肩の筋肉は肩の筋肉よりも面積が広いので、最初のうちは痛みよりもつっぱった感じがする人も多いでしょう。これが、背中が張るということ。

背中の筋肉がこってくると「張り」以外にも、鈍い痛みやこわばりを感じる人もいるでしょう。また、だるさや重さと感じる人も多いのです。この背中のこりを放置しておくと、痛みが強くなったりある日突然激痛に襲われたりすることもあります。これを「ぎっくり腰」ならぬ「ぎっくり背中」というのです。