疲れ目の回復方法

疲れ目の回復方法やケアの仕方~上手に目を使うポイント・注意点~

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

毎日パソコンやスマートフォン・携帯電話の画面を見ていると目が疲れませんか? 「疲れ目」は腰痛や肩こりなど、違う部位にも悪影響をおよぼしてしまいます。

そこで、疲れ目の回復方法や疲れ目の正しいケア、疲れ目になる原因と注意点など詳しく説明していきましょう。毎日デスクワークをしている人や疲れ目がひどい人は、ぜひ参考にしてください。

01. 疲れ目になる
原因と対処法

毎日デスクワークをしている人ほど、疲れ目になりがちです。疲れ目が長く続いてしまうほど、目以外にも悪影響を受けます。効率的に疲れ目を癒やすためにも、原因と正しい対処法を把握しておきましょう。

1‐1.目のまわりにある筋肉が疲れている

目のまわりには、上直筋・上斜筋・下直筋・下斜筋・外直筋・内直筋の6種類があります。疲れ目は6種類の筋肉に疲労がたまっている証拠です。

私たちの目は6つの筋肉で支えられていますが、筋肉に疲労物質がたまると支えが弱くなります。よって、「疲れ目」になってしまうのです。筋肉の疲労はほとんどが「目の使いすぎ」によって起こります。特に、デスクワークなど眼球を長時間使い続けていると“外眼筋”が疲れてしまうのです。

また、目のレンズとなる“水晶体”を常に使っています。水晶体はものを見るとき、ピントをわせている“毛様体筋”が疲れてしまうのです。長時間同じピントで見続けるパソコン、スマートフォンは疲れ目の原因になるでしょう。ほとんどの人が長時間のパソコン使用によって目を痛めています。

1‐2.メガネやコンタクトレンズが合っていない

疲れ目のほとんどは、「筋肉疲労」が原因です。しかし、中には“自分に合っていないメガネやコンタクトレンズ”が原因になっている可能性もあります。普段、メガネやコンタクトレンズを使用している人は注意しなければなりません。

特に、利便性の高いコンタクトレンズは正しい使い方をする必要があります。使用時間は必ず守ってください。コンタクトレンズによって使用時間は異なりますが、およそ8時間~10時間が目安です。10時間以上使い続けていると、目が疲れてしまいます。

また、度数にも注意が必要です。度数の合っていないものを使えば、疲れ目だけでなく視力も落ちてしまうでしょう。目を守るためにも、自分に合ったメガネ・コンタクトレンズを使ってください。

1‐3.デスクワークは適度に休憩を取る

疲れ目になる原因を把握したうえで、適切な対処をしていきましょう。「目が疲れたな」と感じたときは、1度パソコン画面から目を引き離してください。そして、窓のそとにある「緑」を見ましょう。

今まで近くにあるパソコン画面を見ていたせいで、目のまわりにある筋肉が収縮しています。
収縮した筋肉をほぐすためにも、遠くにある「緑色」を見ることが大切です。筋肉がほぐれると同時に、リラックス効果を高めることができます。

さらに、目の疲れを取りたい人は“目のストレッチ”をしましょう。デスクワーク中でも目のストレッチは気軽にできます。たとえば、まぶたを固くとじた後、すぐに大きく開くことです。数回繰り返すだけでも筋肉をほぐすことができます。