寝ても寝ても眠い原因と 一日中眠い状態から抜け出す方法

寝ても寝ても眠い原因とは!? 一日中眠い状態から抜け出す方法

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「いくら寝ても一日中眠い」「ベッドに横になっても眠れない」など、睡眠で悩んでいる方は多いことでしょう。特に、現代はストレス社会といわれており、過剰なストレスによって睡眠不足になる方が増えています。睡眠は毎日健康ですごすためにも大切なことです。睡眠不足が長く続くほど、生活にも支障が出てしまいます。睡眠不足を解消するためには、原因を突き止めなければなりません。そこで、本記事では、寝ても寝ても眠い原因や、眠気によって起こる弊害・解消方法・病院へ行くべき症状について詳しく説明します。

この記事を読むことで、寝ても眠い原因がわかり、正しい対処・治療法を知ることができます。日中の眠気に悩んでいる方や治療したい方はぜひチェックしてください。

01. 寝ても寝ても眠いのはなぜか

一日中眠い状態を改善するためには、眠くなる原因を突き止めなければなりません。主な症状や原因・考えられる病気・睡眠時無呼吸症候群について詳しく説明します。

1-1.主な症状

主な症状は、きちんと寝たはずなのに眠たくなることです。たとえば、日中強い眠気に襲われる・頭がスッキリしない・日中ボーッとすることが多いなどが挙げられるでしょう。前日にきちんと睡眠をとったかどうか確認しながら、どんな症状が現れているのか見直してみてください。また、眠気以外にも体に異常が出ていないかどうか確認しましょう。

1-2.主な原因

主な原因として挙げられるのは、睡眠不足・疲労・日ごろの生活習慣・病気です。睡眠不足による眠気は誰もが1度は経験したことがあるでしょう。体や精神の疲れによって寝つきが悪くなることもあります。寝ても寝ても眠い状態で多い原因は、日ごろの生活習慣です。不規則な生活習慣を送っていると体内時計が狂います。体内時計の乱れは、体調不良や精神的ストレスなど心身ともに悪影響をおよぼす要因の1つです。

1-3.考えられる病気

寝ても寝ても眠い症状が起きている場合、病気が関係している可能性があります。考えられる病気は、不眠症・過眠症・レストレスレッグス症候群・肥満肺胞低換気症候群です。それぞれの特徴について以下にまとめてみました。

  • 不眠症:横になってもうまく眠れず、睡眠不足や眠気が常態化している。精神疾患の可能性アリ
  • 過眠症:眠れているはずなのに日中も眠い、どれだけ寝ても眠い状態。仕事のストレスや生活環境・遺伝的な原因が関係している
  • レストレスレッグス症候群:横になっているときに足に違和感や痛みがあるので動かさずにはいられない。痛みのために睡眠不足になる
  • 肥満肺胞低換気症候群:BMIが30以上の肥満型に多く、腹部・胸部についた脂肪が原因で肺の換気が上手にできない

上記の病気以外にも、睡眠時無呼吸症候群をわずらっている可能性があります。

1-4.睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群は略してSASといいます。睡眠中に空気の通り道となる気道が狭くなることで呼吸がしにくくなるのです。酸素を必要としている心臓やそのほかの臓器へ空気を送り込むことができません。代表的な症状としては、いびきが挙げられます。