腰が痛くならない座り方を習慣化させよう

腰が痛くならない座り方を習慣化させよう!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

毎日デスクワークをしていると自然と腰が痛んでしまうものです。
猫背になったり、イスの背もたれに体重をかけっぱなしにしている人も多いでしょう。
腰の痛みははやめに改善しておかなければなりません。
ほんの少し座り方を気にするだけで腰の痛みをやわらげることができます。
デスクワークをしている方や座りっぱなしになってしまっている高齢者の方はぜひチェックしてください。
腰が痛くならない座り方について説明します。

01. 骨盤をたてるように座る

骨盤をたてて座っていないと、猫背になったり、前かがみになってしまったりと骨盤に余計な負担をかけてしまう座り方になってしまいます。
腰が痛くならない座り方=骨盤をたてて座ることです。
骨盤を意識して座れば自然と背筋もピンッとまっすぐになるでしょう。
無理のない程度に背筋をまっすぐ伸ばしてください。
無理をしてしまうと逆に負荷をかけてしまうので要注意です。
また、座るときは骨盤をたてつつ、お腹に力を入れると良いです。
お腹に力を入れておくだけでも腰を痛めずに済みます。
大切なポイントなので知っておいてください。
最初は慣れていない姿勢だからか数分維持するだけでも大変かもしれません。
しかし、毎日骨盤をたてる意識をし座っていけば、その姿勢に慣れてきます。
毎日続けることで腰の痛みも軽減されるでしょう。