ウエストエクササイズでダイエット

ウエストエクササイズでダイエット! 押さえておきたいコツを紹介

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「おなかのまわりがなかなか細くならない」「ダイエットしてもウエストが変わらない」など、ウエストに悩みを抱えている方は多いでしょう。ウエストは痩せにくいといわれていますが、きちんと正しい方法を実践していけば効果が現れるものです。エクササイズをしてもなかなかウエストが引き締まらない方は、間違っている方法でおこなっている可能性があります。そこで、本記事では、おなかが出てしまう原因やウエストダイエットの必要性・効果的なエクササイズなどについて詳しく説明しましょう。

この記事を読むことで、理想的なウエストラインにするための正しいエクササイズがわかります。ウエストを細くさせたい方はぜひチェックしてください。

01. ウエストまわりについて

ウエストを細くするためには、なぜ太りやすいのかなどの原因をきちんと把握しておかなければなりません。自分のライフスタイルやウエストの状態をチェックしながら、原因について見ていきましょう。

1-1.なぜウエストは太りやすいのか

胴まわりの最も細くなっている部分がウエストです。ウエストは太りやすく、痩せにくいといわれていますが、なぜそのようにいわれているのかハッキリ理由を知っている方は少ないでしょう。太りやすい大きな理由は、筋肉の量の少なさが関係しています。筋肉が少しずつ弱くなると、脂肪が入りやすくなるのです。おなかにはほかの部位よりも筋肉量が少ないため、脂肪がたまりやすい場所といえます。

1-2.おなかが出てしまう原因とは

おなかが出てしまう原因は、人によってさまざまです。おなかが出ている部分によって原因も異なるため、自分のおなかが出ている部分をしっかり確認しておきましょう。おなかが出てしまう原因を知ることで、効果的なダイエットができます。

1-2-1.おなかの上部が出ている場合

おへそよりも上の部分がおなかの上部です。おなかの上部が出ている場合、胃の冷えと腹筋・背筋の衰えが原因となっています。みぞおちのあたりに胃があり、冷えてしまうと内臓脂肪がつきやすくなるのです。おへその上をさわったとき、冷たいと感じるのであれば冷えています。冷たい食べものや飲みものを控え、温かいものを摂取していきましょう。冷たいと感じない場合は、腹筋・背筋が衰えている可能性があります。運動不足や加齢・猫背姿勢が最も大きな原因でしょう。日ごろの生活を振り返ることも大切ですね。

1-2-2.おなかの下部が出ている場合

おなかの上部よりも下部が気になるという方は多いでしょう。下部の場合、皮下脂肪と腸の冷え・便秘が主な原因といわれています。太っていないのに下腹が出る場合は、高確率で腸の冷えや便秘が原因です。運動不足・不規則な生活習慣・腹筋の衰えなど当てはまることがありませんか? 生活習慣を正すだけでも下部のぽっこりがなくなる可能性はあります。便秘も生活習慣の改善で解消できるのです。

1-2-3.皮下脂肪が原因の場合

下腹部が大きくなる原因のひとつに皮下脂肪があります。セルライトとも呼ばれているもので、筋肉の衰えと老廃物の蓄積が原因です。筋肉が弱まると老廃物がたまりやすくなり、皮下脂肪としてつきやすくなります。また、骨盤の開きやゆがみが原因でつきやすくなる可能性もあるのです。普段の姿勢やデスクワークなど、当てはまる方は骨盤のゆがみが発生している恐れがあります。

1-2-4.内臓脂肪が原因の場合

内臓脂肪が原因でおなかが出ることもあります。油っぽいものや甘いものばかり食べている食生活の偏りや、腹横筋(ふくおうきん)の衰えが大きな要因です。腹横筋(ふくおうきん)は子宮など内蔵を守る大切な役割を持っています。骨盤を正しい位置にキープするための筋肉なので、衰えてしまうと骨盤のゆがみや内蔵の下垂も起こるのです。