寝起きの頭痛は何が原因? 朝に起こる頭痛の対処法などを徹底解析

寝起きの頭痛は何が原因? 朝に起こる頭痛の対処法などを徹底解析

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

1日の始まりとなる朝に頭痛が起きると、ブルーな気持ちになりますよね。頭痛薬に頼ってしまうと、薬がなければ生活できない体質になってしまいそうで不安になる方も多いのではないでしょうか。そうならないうちに、なぜ寝起きに頭痛が起きるのか、原因を把握しておかなければなりません。きちんと原因がわかれば、それに見合った対策を立てることができます。また、睡眠無呼吸症候群の可能性もあるため、注意が必要です。そこで、本記事では、寝起きに起こる頭痛のメカニズムやセルフチェック・原因・睡眠時無呼吸症候群の基礎知識・対策法などについて詳しく説明します。

この記事を読むことで、寝起きに起こる頭痛から抜け出すために必要な情報を得ることができます。現在、悩んでいる方はぜひ参考にして、症状を改善していきましょう。

01. 寝起きに起こる頭痛について

寝起きに起こる頭痛とは、一体どのような意味を持っているのでしょうか。長く症状が続くほど、不安な気持ちが大きくなりますよね。そこで、頭痛の基礎知識や寝起きに起こる頭痛の原因・起こりやすい人について詳しく見ていきましょう。症状をやわらげるためには、知識を身につけることが大切です。

1-1.頭痛とは

頭部に感じる痛みのうち、表面的な傷みでないものを頭痛といいます。頭がガンガンする・ジンジンとした痛みが頭部全体に広がる・一部に瞬間的な痛みが走るなど、症状は多岐にわたるものです。また、吐き気・熱・めまいなどの症状が伴うこともあります。原因はさまざまですが、よく見られるのは、血液中のある物質による炎症反応です。

1-2.寝起きに起こる頭痛の原因

寝不足状態が続く・過度なストレスを感じたときなどに、頭痛が起こります。しかし、寝起きに頭痛が起きる場合もあるでしょう。その場合は、片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛という3大原因が考えられます。それぞれ解説していきましょう。

1-2-1.片頭痛

寝起きにかかわらず、片頭痛で悩んでいる方は多いのではないのでしょうか。片頭痛は、男性よりも女性に多く見られる頭痛で、こめかみにズキズキとした脈打つ痛みを感じます。片頭痛の主な原因は、脳の血管が拡張することです。拡張によって炎症を引き起こし、三叉(さんさ)神経と呼ばれる感覚神経を刺激します。また、脳の血管の拡張は、生活習慣の乱れやストレス・チョコレートや赤ワインなどの過剰摂取が影響すると考えられるのです。

1-2-2.緊張型頭痛

緊張型頭痛は、突然頭痛が起こる・頭を締めつけられたような感覚になる・首が肩のこりがある点が特徴です。特に、日々のストレスや合わない寝具の使用によって、首や肩のこりが悪化し、頭痛が起こりやすくなります。また、デスクワークなど同じ姿勢で作業を続けることで、血液の流れが悪くなり筋肉を緊張させるのです。寝起きはセロトニンと呼ばれるホルモンが減少することも、頭痛の原因の一つと言われています。

1-2-3.群発頭痛

群発頭痛は男性に多く見られる頭痛です。目の奥を刺されたような痛み・毎日決まった時間に発生する・鼻水や汗が出るなどの症状が特徴となります。原因がハッキリわかっていないのも特徴的で、耐えられない痛みが起きる頭痛です。長期間続く場合は、すぐに病院へ行ったほうがいいでしょう。

1-2-4.そのほか

3大要因以外の原因としては、睡眠時無呼吸症候群・鼻炎・歯ぎしり・副鼻腔炎などが挙げられます。睡眠時無呼吸にかんしては、後ほど【3.寝起きに起こる頭痛~睡眠時無呼吸症候群とは】で説明するのでぜひチェックしてください。鼻炎や副鼻腔炎などの鼻にかんする症状は、頭の血管を収縮させ、頭痛を引き起こす要因です。歯ぎしりも常に力が加えられている状態になるため、脳の血管に大きな負荷をかけてしまいます。

1-3.起こりやすい人とは

日常生活が荒れている・昼夜逆転生活・過度なストレス・睡眠不足になっている人ほど、寝起きの頭痛が起きやすい傾向があります。先ほど説明した3大要因のすべては、生活習慣と関係しているものです。日常生活が不規則になると、頭痛だけでなく、体調不良やイライラしやすくなるなどさまざまな不調を起こします。この機会に、改めて自分の生活を見直してみてください。