耳に入った水をすぐ抜きたい時の方法

耳に入った水をすぐ抜きたい方必見! 実践しやすい水の抜き方は?

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

耳に水が入ると、ごそごそ音がしたり周囲の音が聞こえにくくなったりするなど不快感を覚えます。また、耳に水が入ってしまい、なかなか抜けずに困ったという経験をした方もいるでしょう。耳に水が入っても問題のないことがほとんどですが、中耳炎の経験者などは病気を発症することがあります。そこで、今回は耳に入った水の抜き方をご紹介しましょう。

簡単に水を抜く方法を知っておけば、いざという時に安心です。泳いだりマリンスポーツを行ったりすることが好きという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. 耳に水が入るとどうなるの?

まずはじめに、耳に水が入るとどうなるかということをご紹介しましょう。基本的には放っておいても問題はありません。無理に水を吸いだそうとするとかえって事態は悪化するので注意してください。

1-1.耳に水が入る時とは?

耳に水が入る時というのは、耳の穴まで水につかった時です。一例をあげると、プールや海で水に潜ったりした時。お風呂の中でも同様です。ただし、耳に水が入っても、耳の中には鼓膜がありますので水は外耳部分に溜まります。どれほど大量に水が入ろうと、通常は鼓膜の内側に水が入りこむことはありません。

1-2.耳に水が入るとどうなるの?

耳に水が入っても、基本的に問題はありません。耳に入る水の量は限りがありますし、放っておけば自然と蒸発します。ですから、無理に水を取りだそうとやっきになる必要はないのです。

1-3.注意しなければならないことは?

耳に水が入ると気になる方も多いでしょう。しかし、何とかしようと綿棒などで激しく耳の中をこするとかえって逆効果です。耳の内側はデリケートなので、綿棒でも激しくこすれば傷がつきます。そこから細菌が入ると外耳炎を発症する可能性があるのです。外耳炎になると、耳の入り口から鼓膜にかけて痛みがはしったりかゆくなったりします。気になるからと綿棒でこすったりすると余計にひどくなりかねません。ですから、耳に入った水が気になる場合はがまんして半日ほど様子を見てください。それでも気になるようでしたら、耳鼻咽喉科を受診しましょう。