膝に水が溜まる

膝に水が溜まるとはどういうこと? 原因や治療法と共に紹介します。

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

膝に水が溜まってつらい、何度も水を抜く治療をくり返しているが一向に改善せずに悩んでいる…このような悩みを抱えている方はたくさんいます。膝にたまる水の正体は関節液と呼ばれる体液の一種です。関節液は本来、膝関節をスムーズに動かすためのものですが、それが増えすぎるとかえって膝に悪影響を及ぼします。

そこで今回は、膝に水が溜まる原因や対処法をご紹介しましょう。

膝に水が溜まる原因を知っていれば、予防対策を取ることもできます。膝に何度も水が溜まってつらいという方や、膝に水が溜まらないように予防対策をしたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. 膝に水が溜まる原因とメカニズム

はじめに、膝に水が溜まる原因やメカニズムをご紹介します。なぜ、関節液が増えるのでしょうか?

1-1.膝に溜まる水の正体は?

は、私たちの体の中で最もよく動かす関節の一つです。膝の関節は、大腿骨(だいたいこつ)・脛骨(けいこつ)・膝蓋骨(しつがいこつ)という3つの骨を筋肉や腱が繋ぐことで成り立っています。この骨と骨との間に満ちているのが関節液です。関節液は骨の先についている軟骨に栄養を与えたり、関節にかかる圧力を分散したり、関節の動きをスムーズにする役割を担っています。

通常、この関節液は一定の量に保たれていますが、何らかの原因で過剰に分泌されて体内への吸収が追い付かなくなることもあるのです。すると、膝が腫れあがったり痛みが出たりします。なお、膝にケガをすると関節液ではなく血液がたまるケースもあるのです。