胃腸が弱っている時の原因と対処法

胃腸が弱い方必見! 原因と胃腸が弱っている時の対処法を紹介!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

胃腸は食べ物を消化・吸収する大切な器官です。胃腸が弱いと食事が楽しめません。また、胃腸が弱っていると便秘や下痢・膨満感・腹痛など様々な症状が出ます。生まれつき胃腸が弱い方もいますが、食生活や生活習慣を改めることで改善が望める胃腸の不調も多いのです。

そこで今回は、胃腸が弱る原因や改善方法をご紹介します。年末年始にかけて食生活が乱れやすくなる方も多いでしょう。こんな時は胃腸も弱りやすいのです。

胃腸が弱った時の対処法や予防法を知っていれば、症状の悪化を防ぐこともできます。胃腸の不調で悩んでいる方や胃腸の弱さを改善したいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. 胃腸が弱っているとどうなる?

はじめに、胃腸が弱っているときに表れやすい症状や胃腸が弱る原因をご紹介します。どのような時に胃腸は弱りやすいのでしょうか?

1-1.胃腸の役割と消化吸収のメカニズム

は口から食道を経由し、入ってきた食べ物を胃酸で吸収されやすいように溶かす役割を担っています。胃酸は大変強力な酸性の液体で、多少の細菌なら溶かしてしまえるほどです。この一連の行為を消化といいます。消化が終わると胃は食べ物を腸へと送り出すのです。

は、胃で溶かされた食べ物から水分や栄養素を吸収する役割を担っています。栄養を吸収しつくされた食べ物の残骸は、大腸で胆汁や老廃物とまじりあって便となり体外へ排出されるのです。

胃腸の働きが滞るようになると、この消化吸収のメカニズムがうまく行かなくなります。その結果胃腸を中心に様々な不調が現れるのです。

1-2.胃腸が弱ると表れやすい症状

何らかの原因で胃腸の働きが鈍くなると、前述したような消化吸収のメカニズムがうまく働かなくなります。すると

  • 食事後の胃のもたれ
  • 食欲不振
  • 便秘
  • 下痢

などの症状が出るのです。また、胃腸の調子が悪くなると胃の中も荒れます。胃酸が胃の皮膚(胃壁)を溶かさないのは、胃壁からでる胃粘液がガードをしているからです。しかし、胃腸の調子が悪くなると胃粘液の量が少なくなって胃壁が胃酸でダメージを受けます。その結果、

  • 空腹時に胃が痛む
  • 吐き気
  • 胃酸の逆流

などの症状が出るのです。これらのような症状に悩まされている方は、胃腸が弱っている可能性があります。

1-3.胃腸の強さ・弱さはどこで決まる?

胃腸の状態は健康と密接な関係があります。生まれた時から食が細く、体が弱いという方は胃腸も弱い傾向にあるのです。小さいころから病気知らずで健康に育ったという方は、胃腸も丈夫というケースが多いでしょう。

しかし、胃腸が丈夫な方も生活習慣や食生活の乱れれば胃腸は弱ります。また、年を重ねるにしたがって胃腸の働きも低下していくのです。そのため、年を取ると脂っこいものが食べられなくなったり食事の量が減ったりします。

1-4.真面目な人ほど胃腸が弱りやすいって本当?

胃腸はストレスの影響を受けやすい臓器です。緊張すると胃が痛くなったり下痢気味になったりした経験のある方もいるでしょう。真面目な人は、何事も完ぺきに行わなければ気がすまないという方も多いのです。そのため、ストレスもたまりやすく胃腸もその影響を受けてしまいます。また、我慢強い方も弱音をはけないのでストレスをためて胃腸を弱らせやすいのです。

1-5.胃腸を弱らせる病気

病気によって胃腸が弱ってしまうこともあります。ここでは代表的なものをいくつか紹介しましょう。

1-5-1.感染症

食中毒やノロウィルス・ロタウィルスによる感染症にかかると胃腸に強く症状が出ます。症状が出なくなっても、胃腸が完全に回復するまでに時間がかかるでしょう。これらのウィルス性感染症は幼児や高齢者が感染すると、特に症状が長引くことがあります。

1-5-2.炎症や潰瘍

胃潰瘍や胃炎・腸炎などを発症しても胃腸が弱ります。これらの病気はストレスが原因でも発症するのです。ストレスを解消することも病気の予防や治癒には大切になります。

1-5-3.悪性腫瘍

早急に治療が必要なのは悪性腫瘍、いわゆるがんです。胃がんはかつて日本人のがんによる死因第1位でした。現在は医療技術の進歩によってがんの中では治りやすくなってはいますが、病気が進行すれば命にかかわります。

中でもスキルス性胃がんは進行が早く、若い年代に発症しやすいがんですので注意が必要です。腸にできる悪性腫瘍、大腸がんは年々患者が増え続けています。