ほうれい線の原因は? いつまでも若くいたい女性必見のシワ対策

鏡を見ていて「最近、ほうれい線が目立ってきた」とショックを受けたことはありませんか? ほうれい線は見た目年齢を大きく左右するため、いつまでも若くいたいと考える女性にとっては大敵です。そこで、この記事では、ほうれい線の原因や予防・解消方法について紹介していきます。ほうれい線にお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

ほうれい線の原因は?

ほうれい線が深くなる原因にはさまざまなものがあります。一体、どのようなことが原因となっているのでしょうか? 代表的な3つの原因を紹介します。

1-1.表情筋の衰えで顔がたるむ

ほうれい線が目立つ原因としてあげられるが、表情筋の衰えによる肌のたるみです。日頃、表情を表に出さない生活をしていると、表情筋が使われず、次第に顔の筋肉が衰えてきます。すると、表情筋の上にある皮膚や皮下脂肪を支えられなくなり、頰が垂れ下がってしまうのです。その結果、ほうれい線が目立ちやすくなります。

1-2.肌の老化でハリがなくなる

肌の老化もほうれい線が目立つ原因です。その理由は、肌の老化が進むと、肌のハリや弾力が失われていきます。肌のハリがなくなることで皮膚がたるみ、ほうれい線が目立ってくるのです。

1-3.肌が乾燥して収縮してしまう

ほうれい線は肌の乾燥によっても引き起こされます。肌が乾燥して潤いがなくなると、キメが乱れて小じわが発生しやすくなるのです。肌が乾燥した状態が続くことでしわが深くなり、ほうれい線が目立ってしまいます。

1-4.顔の骨格がずれている

顔のゆがみによってほうれい線が深くなっていることも考えられます。顔の骨格は日頃の生活習慣によって少しずつゆがんでしまうのです。鏡を見てほお骨の高さが左右で異なるという場合には、顔の骨格がゆがんでいる可能性があります。

ほうれい線を増やさないための注意点

それでは、ほうれい線を増やさないためにはどのような対策をとればよいのでしょうか? 3つの方法を紹介します。

2-1.十分な睡眠をとるようにする

まず、ほうれい線を予防するには、十分な睡眠をとることが大切です。睡眠中は、肌のダメージを修復する成長ホルモンの分泌が活発になります。成長ホルモンが分泌されることで肌の新陳代謝が促進され、肌のシワやたるみが現れにくくなるのです。

2-2.紫外線対策を万全に

次に、紫外線対策を万全にすることも重要なポイントです。紫外線は、肌の奥まで入り込んで皮膚組織を破壊し、肌の老化を早める原因となります。そのため、紫外線対策をしっかりとすることが大切なのです。日焼け止めクリームや紫外線カット効果のある化粧品などで紫外線から肌を守りましょう。

2-3.しっかりと保湿をする

さらに、しっかりと肌を保湿することもほうれい線予防に効果的です。化粧水をたっぷりとつけ、保湿力の高いクリームを塗ってカバーしましょう。肌を保湿して乾燥を防ぐことで小じわを予防でき、ほうれい線が目立ちにくくなります。

2-4.顔のゆがみを招くクセに注意

顔がゆがむ原因となる習慣をやめることも、ほうれい線を増やさないためには重要です。顔がゆがむ原因となる主な習慣としては、うつぶせ寝やほおづえ、食事のとき片側だけでかむ、などがあげられます。これらがクセになっている方は、日頃から意識して、その都度直すようにしましょう。

ほうれい線を解消するにはどうすればいい?

最後に、一度できてしまったほうれい線を解消する方法を紹介します。ほうれい線が気になるという方は、以下の方法を試してみてください。

3-1.リンパマッサージでほうれい線を解消

ほうれい線を解消するためにはリンパマッサージが有効です。リンパマッサージでリンパを流すことで老廃物が排出され、肌代謝が改善されます。ほうれい線を解消するリンパマッサージは以下の手順で行ってください。

  1. 鎖骨の上のくぼみを手のひら全体で軽く押すようにマッサージします。
  2. 耳の下から首の横に向かって指の腹でさするようにマッサージします。
  3. 親指と人差し指で耳を挟むようにして、上から下に向かってマッサージします。

3-2.表情筋を鍛えるエクササイズ

表情筋を鍛えるエクササイズもほうれん線解消に効果があります。表情筋を鍛えることで顔のたるみが改善され、ほうれい線が目立たなくなるのです。3つのエクササイズを紹介しましょう。

3-2-1.頰のエクササイズ

  1. 頰に空気を入れて思いっきり膨らませます。この状態で10秒キープしてください。
  2. 次に、頰を内側に吸い込むように口をすぼめ、同じく10秒キープします。

※これを5セット行ってください。

3-2-2.舌回しエクササイズ

  1. 口をしっかりと閉じます。
  2. 舌先で歯茎をなぞるようにして舌をぐるぐると回します。

※右回し・左回しをそれぞれ10回ずつ行ってください。

3-2-3.口角を上げるエクササイズ

  1. 思いっきり口角を上げて10秒キープします。
  2. 口角をゆるめて10秒休みます。

※これを10回ほど繰り返してください。

3-3.栄養バランスの取れた食事を心がける

ほうれい線を解消するためには、栄養バランスのとれた食事を心がけることも大切です。特に、ビタミンB群・ビタミンC・必須脂肪酸は肌の代謝に欠かすことのできない栄養素なので、不足しないように注意してください。穀類・野菜・果物・タンパク質・乳製品・脂質のそれぞれをバランスよく食べるようにしましょう。

3-4.顔のゆがみを解消する

顔のゆがみが原因でほうれい線が目立っている場合には、ゆがみを矯正する必要があります。ただし、自分でゆがみを直すのは難しく、間違った方法ではゆがみが悪化することもあるため注意してください。整骨院・整体院などの専門家に相談し、正しい施術を受けるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
この記事では、ほうれい線の原因や予防・解消方法について紹介しました。

  1. ほうれい線の原因は?
  2. ほうれい線を増やさないための注意点
  3. ほうれい線を解消するにはどうすればいい?

以上のことを押さえることで、気になるほうれい線を予防・解消できるでしょう。表情筋のエクササイズは早ければ1週間で効果を実感できます。ぜひ、さっそく今日から取り組んでみてください。