冬に関節痛が起きる原因と痛みが出たときの対処法と予防法

冬に関節痛が起きる原因は何? 痛みが出たときの対処法と予防法

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

冬になると気温が低くなります。体が冷えやすくなるため、関節痛が現れやすくなる人は増えるでしょう。毎年、冬場に関節痛を起こす人は何かしらの原因があるものです。冬に関節痛が現れる原因と対処法、関節痛を未然に防ぐ方法、絶対にやってはいけない注意点について説明します。日ごろの生活に気をつけながら、少しずつ関節痛を改善していきましょう。

冬に関節痛が現れる原因と対処法

なぜ冬になると関節痛になるのでしょうか。何かの病気になっているのでは…と不安になりがちですが、原因をきちんと把握しておけば正しい対処法ができます。自分に合った方法で治すためにも、原因と対処法をしっかりチェックしておきましょう。

1‐1.気温の低下による「血行不良」

冬になると一気に気温が低下します。特に、冬の朝と夜は寒さが厳しくなるでしょう。気温の低下によって自然と体も冷えてしまいます。体の冷えはさまざまなところに悪影響をおよぼすものです。血液の流れが悪くなってしまい、臓器の活動が低下します。そして、血行不良は関節痛にも深く関係しているのです。関節をスムーズに動かすには酸素や栄養素が必要になります。酸素や栄養素は血液によって必要なところに流れるものです。

つまり、血行不良になってしまえば十分な酸素と栄養素が行き渡らなくなってしまいます。
よって、冬になると関節痛がやってくるのです。体の冷え、冷え性を持っている人は特に注意しなければなりません。できるだけ早めに冷え性を改善しておきましょう。

1‐2.寒さによる「運動不足」

冬に関節痛が現れる原因は「運動不足」にあります。そとが寒くなるため、気軽にジョギングする機会もなくなるのです。結果、「運動不足」になってしまいます。冬は運動不足になりがちなので自分でしっかり管理しておかなければなりません。温水プールで体を動かす、家の中でストレッチをする、暖かい日にはできるだけ体を動かすなど工夫が大切です。運動不足は関節の動きがにぶく、可動域が狭くなります。余計に関節痛がひどくなる一方です。

少し動かすだけでも痛みがある場合、ゆっくり少しずつ関節のまわりをほぐしていきましょう。お風呂あがりは筋肉や関節がやわらかくなっているのでストレッチをしてください。毎日少しずつストレッチを続けていけば、可動域が大きく、関節の動きもやわらかくなります。

1‐3.軟骨がすり減っている証拠

冬に関節痛が出てくる際の原因は、ほとんどが「血行不良」と「運動不足」になります。しかし、中には「軟骨のすり減り」が原因になっている可能性も高いです。関節の軟骨は骨と骨の間にあります。軟骨がすり減ると骨同士がぶつかり合い、炎症を起こしてしまうのです。炎症によって関節痛が出てきてしまいます。夏は関節痛がないのに冬はある、心当たりのある人は軟骨がすり減っている証拠でしょう。軟骨のすり減りは「加齢」が主な原因です。できるだけ早めに解決しなければ、徐々に悪化してしまいます。最悪なケース、歩行が困難になるでしょう。悪化する前に1度診察を受けてください。

関節痛を未然に防ぐ方法

2‐1.できるだけ体を冷やさない

冬に起こる関節痛の原因を把握すれば、防止策を立てることができます。体が冷えやすい人は、できるだけ冷えないように日々の生活を過ごしてください。たとえば、外出するときはマフラーで首元を温める、寝るときは足元にゆたんぽを置くなどさまざまな方法があります。そして、飲み物や食べ物も冷えるものはNGです。しょうが湯やゆずなど体が温まる飲み物にしてください。

また、冬はもちろんですが夏も気をつけなければなりません。夏場は職場や電車・バス内がクーラーで冷えきっています。冷えきった室内で作業を続けていると体が冷えるでしょう。冷たいオフィスや室内で作業する際はブランケットやカーディガンを利用してください。

2‐2.ストレッチやウォーキングなど軽めの運動を続ける

関節痛を未然に防ぐには、「適切な運動」が必要です。運動不足は関節痛だけでなく、体に悪影響をおよぼします。ただ、冬場は非常に寒いので急に運動をしてはいけません。運動をする場合は必ず準備運動から始めてください。準備運動で体を温めてからのほうが動きやすくなります。運動不足になっている人は、ストレッチや軽めのウォーキングからスタートしましょう。少しずつ運動量を増やしていけばいいので焦る必要はありません。できるだけ毎日続けていけば、関節痛が自然と和らぎます。

2-3.関節痛を緩和する医薬品を服用する

膝に痛みがあらわれると、その痛みをかばって運動を控えるようになるでしょう。しかし、それが原因で筋力が落ち、痛みが悪化してしまうこともあるのです。痛めば痛むほど日常での運動も難しくなってしまうため悪循環となるでしょう。この負のスパイラルを断ち切るのに有効なのが医薬品です。痛みを緩和することによって症状の悪化を防げます。

リョウシンJV錠」は、膝・腰・肩などの関節痛や神経痛を飲んで緩和させる医薬品で、6つの有効成分が配合されているのでオススメです。シアノコバラミン・ピリドキシン塩酸塩・ガンマ-オリザノールは関節痛・神経痛に効果がある成分で、トコフェロール酢酸エステルが血流を促し、フルスルチアミン塩酸塩・パントテン酸カルシウムが疲れた体の栄養となります。1日1回2〜3錠服用すれば良いため手軽で、医薬品として効果や効能も認められているので安心です。また、初回限定価格を設けているので、お試しで始めてみるのも良いでしょう。

冬に関節の痛みが出たときの注意点

3‐1.関節痛がひどい場合は動かない

ひどい関節痛を感じたとき、無理に動かそうとしてはいけません。「まだ大丈夫」と勝手に思いこんで動かした結果、関節痛が悪化したケースは非常に多いです。早めに対策しておけば悪化することはありません。痛みを感じたときはすぐ安静にしてください。炎症を起こして赤くはれあがっている、熱を持っている場合は冷やすことをおすすめします。血行の悪化が問題なら温めたほうが効果的です。自分にとって楽な姿勢を心がけ、痛みが引くまで安静にしておきましょう。もし、痛みが続く場合はすぐ病院に行ってください。血行不良や体の冷えだけでなく、軟骨のすり減りが問題になっている可能性があります。専門的な治療を受けながら日々の生活を改善していきましょう。

3‐2.食生活にも要注意

冬場は温かいものを食べる機会が増えるでしょう。しかし、年末に向けての忘年会や新年会などでお酒を飲む回数も増えてしまいます。お酒のほとんどは冷たい飲み物です。冷たい飲み物は体の冷えが悪化するので気をつけてください。お酒を飲む場合は温かい日本酒やホットワインなどできるだけ温かい飲み物にしましょう。

また、「食生活」も冬の関節痛に大きく影響しています。食生活が乱れている人ほど関節痛が起こりやすいのです。よって、関節痛を改善・防止するためにも栄養バランスが整った食生活を心がけましょう。普段の生活が乱れている人は、今日からでも少しずつ改善してください。規則正しい生活は関節痛を改善する基盤になります。以上の注意点をしっかり踏まえたうえで、関節痛を未然に予防し改善していきましょう。

まとめ

冬に関節痛が現れる原因と対処法、関節痛を未然に防ぐ方法、絶対にやってはいけない注意点について説明しました。いかがでしたでしょうか。冬の関節痛で悩んでいる人は、「血行不良」や「運動不足」が主な原因です。自分に当てはまる原因は何なのか、考えてみてください。そして、原因に合った対処法で少しずつ改善していきましょう。骨の間にある軟骨がすり減っている場合、専門的な病院での治療がおすすめです。治療を受けながら食生活を規則正しくしてください。食生活は軟骨を形成する成分が摂取できます。栄養不足になりがちな人はサプリメントを利用するのもいいでしょう。